年収200万円からの貯金生活宣言-節約生活を始める人に最初に手にとって欲しい良書-

わたしが節約生活をはじめるために、一番最初に手にとったのがファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの「年収200万円からの貯金生活宣言」でした。

それまでのわたしは、節約といえば毎日の食費をいかに節約することや、お風呂の残り湯を洗濯に使うなどの流動費の節約ばかりに目がいって、さほど節約効果の高くない節約ばかりに労力を使っていました。

結婚当初の我が家の家計は、お恥ずかしい話、借金総額が500万円もありまして、わたしがやっていた節約ではまさに「焼け石に水」。

そんなわたしが、結婚してから10年で借金を完済し、更に資産600万円以上を築けたのはこの書籍のおかげです。

わたしのように、お金の使い方が全くわかっていない赤字家計の人、節約をしたいけれど何から手をつけていいのかわからない人は、まずはこの書籍を手にとって熟読し、実践すれば、必ず後から結果がついてくると思います。

スポンサーリンク

年収200万円からの貯金生活宣言の著者について

著書は、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんです。

帯には「6000人の貯金ゼロ家計を再生させてきた凄腕コンサルタント」という肩書きをお持ちで、赤字家計を立て直されて経験豊富なファイナンシャルプランナーです。

著者は、all aboutや日経のコラムに連載されていたりして目にすることも多いと思いますのですでにご存知の方も多いのでは。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
横山/光昭
家計再生コンサルタント。ファイナンシャルプランナー。株式会社マイエフピー代表取締役。家計の借金・ローンを中心に盲点を探り、抜本的解決・確実な再生を目指す。独自の貯金プログラムを活かし、個々の状況に合わせた相談・指導で、リバウンドのない再生と飛躍を実現する。口コミ客も多く、クライアントは現在まで3800人以上。業界の異端児的活動で、各種メディアへの執筆、講演も多数。総合情報サイト「All Aboutお金を借りる・返す」ガイドとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

年収200万円からの貯金生活宣言の目次

  1. 使わないお金を増やすことから始める収入アップ
  2. あなたが貯金できない理由
  3. 明日から変われる!貯金体質トレーニング
  4. 90日プログラムで貯金力を10倍アップ
  5. 知らないと危険!お金の落とし穴
  6. それでも貯められないあなたへ

年収200万円からの貯金生活宣言の概要

年収200万円からの貯金生活宣言では、節約というとわたしがやっていたような食費の節約や光熱費の節約を思い浮かべる人が多いと思いますが、本書では「固定費の削減」が重要だと教えてくれます。

一度見直すとその後もずっと節約効果の続く固定費の削減。

わたしも本書の通りに実践してし、固定費の節約で年間68万円の節約に成功に成功しました。

これほどまでに効果の高い節約は他にはありません。

また、日々の流動費の節約に関しては、横山氏考案の消費を「浪費」「投資」「消費」の3つに分け、浪費を減らし投資を増やすという手法。

わたしも本書に書かれてあった「90日プログラム」を実践し、それまで家計簿が1ヶ月も続かなかったわたしが、この90日プログラムを実践することで家計簿を続けるのが苦ではなくなり、更に、何にお金を使って、何にお金を使わないのかという基準が明確になります。

年収200万円からの貯金生活宣言はこんな人に読んで欲しい

金融広報中央委員会が発表した2013年の「家計の金融動向に関する世論調査」によると、30代の2人以上の世帯で「貯蓄がない」と答えた世帯の割合は30.2%。

という数字がでています。30代の3人に1人は「貯蓄ゼロ」。

非正規労働者の割合が増えている昨今、年収も伸びず貯蓄ができずらい環境にいる方も多いと思います。我が家の場合は、結婚当初の借金総額が500万。はい、家計管理ができていなかったうちの一人です。

そんな、30代の3人に1人の、貯蓄のできない方にぜひこの書籍は読んでいただきたいと思うのです。

この書籍を読んで欲しい人

  • 毎月赤字家計の人
  • 年収が低い人
  • 貯蓄額が50万円以下の人

この書籍を読まなくてもいい人

逆にこの書籍が必要ないと思われるのは

  • 毎年年収の20%以上を貯蓄にまわせている人
  • 貯金が十分にある人

すでに貯蓄がある人や、毎年貯蓄にまわせている人は特に必要ないかもしれません。

雑感

わたしは、この書籍に出遭えて本当に良かったと思っています。もし、この書籍に出遭わなければ今でも借金返済に追われていたかもしれません。

「世の中お金ではない」という人もいますが、生活していく上では必要最低限のお金は必要です。そして、お金に関することは日本では教育がなされていませんから自分で学ばなければいけません。

例えば、普段利用しているクレジットカードも、分割手数料がどれくらいかかっているのか、リボ払いにするとどれくらい利息がかかるのか、この低金利の時代に消費者金融の利息がいかにぼったくりなのか。

20代のわたしはお金に関して本当に無知で、人に騙されて借金を背負い高金利の消費者金融の返済に終われる苦しい日々を過ごしていましたが、このブログを読んでいる方がそういう目に合わないように心から願います。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>