読むだけで絶対やめられる禁煙セラピーを買ってみました

禁煙セラピー買いました

節約はがんばってやるんだけれど、どうしてもやめられない、無駄な支出。

それは、たばこ。

もう、かれこれ、何年吸っているんでしょう。20歳からはじめたことにして(笑)、もうかれこれ十数年は吸っている計算になります。妊婦のときは不思議と欲しくなくなって、というかつわりがひどかったのでたばこどころではなかったのですが、子供の手が離れたときに、『ちょっと1本だけ』と手を出したのが痛かったのか、節約の為に、健康の為に、たばこを何度も辞めようと決意するのですが、なかなか辞められません。

このブログでコメントをくださった方から、

読むだけで絶対やめられる 禁煙セラピーという本がいいよ

と教えてもらってからかなり日にちが経ちますが、ようやく禁煙を決意して、この本を購入しました。

何回、禁煙に失敗したのだろうかと思うくらいに、
『あと1本だけ』
『この1箱を最後にしよう』
『たばこを吸うなんてお金がもったいないよ』
『たばこは健康に悪いし、家族の健康も害するから』
『この寒い日にベランダで肩身の狭い思いをして吸うなんてバカみたい』
などなど、色々と心の声と葛藤するのですが、どうしてもたばこの誘惑に負けてしまうのです。

ガムなどでごまかしてはみるものの、ガムを噛んでいる間もたばこのことを考えて、そうしているうちにどうしてもたばこが吸いたくなって、せっかく捨てた、たばこをわざわざ買いに行って、また喫煙者に戻っていますという繰り返し。

そうなると、『別に禁煙しなくても直近で困っていることなんかないんだし・・・』とまた心の声が・・・。

数日も禁煙をできずに、何度も挫折してしまうの繰り返しです。

ということで、禁煙セラピー読んでみました。

読むだけで絶対やめられる

まず、この表紙を見たとき、本を読むだけでこんなに難しい禁煙ができるのか?と、素直にそう思いました。だって、禁煙しようと努力をしているにもかかわらず、どうしても挫折してしまう意思の弱いわたし。

1章では、多い日で1日100本、少ない日で1日60本も吸っていたヘビースモーカーだった作者のことが書いてあるのですが、その章の中では、

誰でもタバコはやめられる。それも簡単にやめられる。

と書いてあるのです。そんなに、簡単にやめられるのであれば、苦労はしない。とついつい否定しながら読み進めてしまいます。

だって、本当に禁煙ってむずかしいんですもの。

で、この本を全部読み終わって変わったものは、たばこに対する意識が変わりました。

本を読むまでの、喫煙に対するイメージと、本を読み終わってからの喫煙に対するイメージ。

たぶん、この本では潜在的に持っているたばこへの意識を変えるための良書だと思います。

で、この本を読み終わって、

たばこが不思議と欲しくなくなった

とか

たばこを自然とやめられた

というレビューをよく見かけたのですが、わたしの場合は読み終わってからも、またもう1本欲しくなってしまいました。

作者が言いたいことはわかるのですが、それが、なかなか・・・。

もう一度読んで、今度こそは禁煙するぞ!と心に誓いを立ててみます。

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー (ムックセレクト)
アレン・カー
ロングセラーズ
売り上げランキング: 554
節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>
スポンサーリンク