消費者金融に過払いしていたお金が戻ってきました

消費者金融に借金がありました。全額返済してかなり時間が経過していたのですが、きつい思いをして返済した金額の中に利息を払いすぎたものがあったので、司法書士さんに依頼して、消費者金融の過払い返還請求を出していました。

過払い金返還

そのお金がやっと戻ってきました。

一度契約して納得して借りたんじゃないの?と、過払い返還請求をするのは疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが、今借金をして苦しい返済に追われている人や、すでに返済してしまったけれど、過払い返還請求を考えている人の参考になればと思いこの記事を書いています。

過払い返還請求の流れ

わたしの場合は、個人で返還請求をする自信がなかったので司法書士さんにお願いしました。
借りていたのは、アイフルとプロミス(旧:三洋信販)の2社。武富士にも借り入れがありましたが破綻してしまったので司法書士さんにお願いしたのは2社だけです。

2011/2 司法書士事務所に電話で相談してから訪問。司法書士さんに支払う債務整理手続き報酬が、他のところよりも少しだけ安かったのでそのままお願いすることに。

2011/4 司法書士事務所の担当者から電話連絡。消費者金融の主張や支払える金額を教えてもらい、納得できなければ裁判へ…というような話でした。裁判になれば消費者金融から戻ってくるお金は今よりも増えるけれども、司法書士さんへ支払う報酬は増加して、結局手元に残るのは同じぐらいだったので、裁判はしない方向で話をしてもらうようお願いしました。

2011/5 再度、司法書士事務所の担当者から電話連絡。過払い金の返還金額と返金時期について案内がありました。アイフルは2ヵ月後に支払いができるが、プロミスは来年の1月になるとのこと。司法書士さんへお願いしてから3ヶ月が経過して、更に9ヶ月も待たされることになりました。プロミスは予算がないらしく、返還には応じるものの、返還までにはかなり長い時間を要しました。

入金に関しては直接わたしの口座への振込みではなく、一旦司法書士さんのところに入金されて、それからわたしの方に振り込まれるとのこと。また、2社の入金がすべて確認されてからということだったので来年の1月にまとめて返還されるとのこと。

2012/1 2011/5に電話で話したとおり、相手側から入金があったので、司法書士事務所に行って清算の説明を聞きました。それから、銀行口座を教え、書類に印鑑を押して手続き終了。無事、入金されました。

どれくらい戻ってきたか

で、結局どれくらい戻ってきたかというと、

アイフルの過払い金 99,000円に対して、75,000円返還(75%)
プロミスの過払い金 345,000円に対して 235,000円返還(68%)

合計:444,000円の請求に対して、310,000円の返還 という結果になりました。

司法書士さんに支払う報酬は
着手金 1社当たり20,000円 2社なので40,000円
過払い報酬額は回収できた金額の21% 65,940円
収入印紙代 480円

合計:106,420円

差し引き:444,000円の過払い金に対して、戻ってきた金額は217,560円。銀行への振り込み手数料を差し引かれて217,475円が入金されました。

過払い返還請求自体は時期が遅れれば遅れるほど戻りが少ないようで(消費者金融会社も経営が厳しいようで)、もっと早めにしておけば満額戻ってきたかもしれません。が、今のわたしにとっては臨時収入21万円。大事に貯金しようと思います。

心に誓ったこと:借金なんて絶対しない!!

シェアする

フォローする