はじめてのお節作り

専業主婦をやっていて、今回はじめてお節を作りました。今までどうしていたかというと、去年はなんちゃってお節で、なますとか筑前煮でなどでごまかし、その前はどうだったかな…。過去の記事を見てみると、貧乏すぎて普段の食事をとっていたみたいです。こんな記事書いているし→年末年始にお金を使わない方法

でも、今年はちょっぴり貯金も増えたので12月中旬ぐらいから少しずつ食材を買ってお節を作りました。

買ってきたもの

はじめてお節を作るのに、最初から全部作るのは大変そうだったので、下記はそのままスーパーで売られている味付けされたものを買いました。

  • 煮豆
  • 数の子
  • かまぼこ

煮豆は、作ろうと思ったのですが豆自体が598円。煮豆として売られていたパックは198円。量は少ないけど、どうせ長女しか食べないからいいや。

数の子は、味付け済み598円、味付けしていないもの598円。おんなじやん!ということで、迷わず味付け済みを購入。

かまぼこは年末近くになると値上がりが激しいので、値上がり前に買って冷凍しておきました。

お節作りのスケジュール

全部31日に作るのはさすがにきついので、30日・31日にわけて作ることにします。

スケジュールで参考にさせてもらったのが、おせちカレンダー|簡単おせちのレシピ集『おせちのいろは』【AJINOMOTO PARK】

30日にやったこと

  • 紅白なます
  • 栗きんとん
  • 田作り
  • 煮染めのしいたけをもどす

31日にやったこと

  • たたきごぼう
  • 伊達巻き
  • 煮しめ
  • えびのうま煮

完成品

foodpic3033272まず左から栗きんとん、紅白なます、数の子。

栗きんとんのさつまいもを茹でる時にくちなしの実を入れなかったのであんまり色が綺麗じゃないです。くちなしの実を買うのケチったの…、やっぱり買えばよかったかも。でもどこに売ってたんだろう?



foodpic3033268買ってきた煮豆。長女が甘党なので、長女専用になってしまいました。


foodpic3033264いつもは手抜きで筑前煮にしてしまうのですが、今回は丁寧に食材ごとに味付けを変えて煮しめを作りました。結構時間がかかったわ。


foodpic3033282伊達巻ははんぺんをこす作業と、できた卵液をこす作業が大変。万能こし器をこのために購入したのですが、買っておいてよかったです。


foodpic3033276背わたをとって煮るだけですが、エビがあるだけでテーブルが華やかになりますね。

ということで、今年のお節はこんな感じでした。

食材全部で5~6,000円ぐらいかかってるんですけど、実はわたしあんまりお節好きではありません。来年は普通の食卓に戻そうかな…。

シェアする

フォローする

コメント

  1. saya より:

    とっても華やかで美味しそうな
    お節の数々!!
    ビックリですヽ(´▽`)ノヽ(´▽`)ノ

    手作りとは思えない☆

    すごいですね~!!

    恥ずかしながら煮しめと筑前煮の違い、
    始めて知りました(;´o`)
    一つずつ味を変えていくなんて
    すごい手間ですね。。
    でもその分長く食べるお節としては
    飽きがこないように
    なっているのでしょうか?

    かまぼこ冷凍術、使えますね!!
    私も来年もし作る機会があれば
    真似したいです☆

    • myu より:

      >恥ずかしながら煮しめと筑前煮の違い、
      >始めて知りました(;´o`)
      ↑いや、わたしが間違っているかもしれません…。
      今、wikiを見たら「煮汁が残らないように時間をかけてじっくり煮る」ものを
      お煮しめというそうで…(^^;)

      >一つずつ味を変えていくなんて
      >すごい手間ですね。。
      ↑4つぐらいのグループに分けて煮ました。
      ・鶏肉
      ・しいたけ、ごぼう、こんにゃく
      ・里芋、にんじん、たけのこ、れんこん
      ・きぬさや
      鶏肉だったら、しょうがの薄切りを入れて臭みをとって
      しいたけグループよりも里芋グループの方が甘めに味付け
      した感じです。

      多分、食材に合わせて味付けを変えたほうが丁寧だし
      おいしいと思います。

      って、基本のお料理のレシピ通りに作っただけですw