断捨離したものをネット買取サイトで売った結果

今年は断捨離にハマって、家のものを処分することが多い1年でした。

断捨離したブランド品

ブランド品といってもたいしたものは持っていませんでしたが、使っていなかったモノをブランディアというサイトで売りました。

【買取】
マフラー 2,600円
ヴィトンのバッグに付属していたポーチ 1,400円
スーツ 10円
スーツ 10円

合計点数 4 点
合計 4,020円

1度も使ったことがなかった、人からいただいたマフラー。10年以上箪笥の肥やしになっていたものが2,600円になったのには少し驚きました。人からもらったものってなかなか捨てにくいですし、かといって趣味合わないものですとなかなか使いづらいですし、処分できてよかったです。趣味の合う方に使っていただけますように。

断捨離した本・DVD

本・DVDは、ネットオフの宅配買取サービスで売りました。初回限定で1,000円もらえるキャンペーンが実施されていたのでキャンペーンの1,000円欲しさに申し込み。

【買取】
お客様送付点数 11冊・点

合計 1,247円

本・DVDの断捨離は2回目だったのでそれほど多くは送っていませんが、キャンペーンの1,000円があったので、査定が1,247円になりました。ブックオフで売ったときは300円にも満たなかったのではじめからネット買取に申し込めばよかったと後悔しています。

ちなみにネットオフで行われている現在のキャンペーンの内容は
・もれなく全員20%UP↑
・さらに、100点以上(ダンボール約2箱分)の買取で、さらに、500円ボーナスアップ!
2014年12月12日~2015年1月13日まで

不用品を処分した結果

不用品をネット買取で買い取ってもらった結果、合計5,267円となりました。

服のリサイクルや本のリサイクルなどで実店舗も利用することがありましたが、ネット買取の方が査定額が高いような気がします。キャンペーンもよくやっているので、今から断捨離して不用品を買い取りに出される方はネット買取も要チェックです。

お金とモノとの向き合い方に変化

借金返済に追われているときは、「とにかく価格が安いものを」ということで、今思うと、悪かろう安かろうというものを買っていました。家にあるものは「安いから」という理由で購入したモノたちばかりでお気に入りのモノは1つもありません。人様のお宅を見て、「これ、素敵だな」「お金があるからインテリアも素敵なんだろう」と羨ましく思うことが多々ありました。

借金が完済してからも少しの間は余裕のない生活を送っていました。とにかく貯蓄がないので急いで教育資金を貯めなければいけません。車の買い替え時期も迫ってきています。そうなるとやはりまだまだ「とにかく価格が安いものを」ということで選ぶ基準は変わりませんでした。

最近になって、ようやく冷静に家の中のものを見てみると、「とにかく価格が安いものを」という理由で選んだモノたちが気に入りません。使い勝手が悪かったり、やはり値段相応の品物、家具は歪みが1年も経たずにでましたし、長持ちはあまりしそうにありません。

こうやって振り返ってみると、モノを買うときにはやはり「お気に入りのもの」を「長く使えるもの」を選んだ方が、賢い選択のような気がします。気に入らないものを長く使うこの苦痛。買い替えたくても大型のものはそう簡単に買い替えることはできません。

目指すは循環する暮らし

我が家は狭いので今の賃貸暮らしで大型の家具を新たに購入するという予定はありませんが、古くなったモノや使えなくなったモノを家に放置したままにせず、新しく買い替えてモノを循環させていきたいと思っています。

今度、モノを選ぶ時には
「お気に入りのモノを」
「長く使えるモノを」
「大切に使えるモノを」

逆に、気をつけたいことは
「安いからという理由だけで買わない」

こんな基準で選んでいきたいと思います。



シェアする

フォローする

断捨離したものをネット買取サイトで売った結果
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!