教育資金の300万円はこうやって貯めました

子供の教育資金は義務教育終了前まで、つまり中学校卒業前までに300万円から500万円が必要といわれています。1人あたりですから、子供が2人なら600万円から1,000万円、子供が3人なら900万円から1,500万円とかなりの金額になりますね。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

教育資金は住宅資金、老後資金と並んで人生の3大支出といわれていますから、子供が生まれたらすぐに計画を立てて貯蓄していきたいものです。

スポンサーリンク

我が家の場合、教育資金の300万円はこうやって貯めました

第1子の教育資金の300万円ですが学資保険1本というわけではなく

・児童手当を貯蓄 約100万円
・学資保険 約100万円
・家計から貯金 約100万円

この3つで貯めました。

児童手当を貯蓄

児童を育てる保護者に対して、主に行政から支給される児童手当。児童手当は制度変更があり、子供が生まれた2000年から2012年までは月々5,000円が4ヶ月に1度振り込まれていましたが、2012年から1万円に増額されたので貯まるペースが速くなりました。(年齢や子供の数によって支給金額はそれぞれ変わってきますが、詳しくは公式サイトでご確認ください。)

児童手当をもらったら習い事などの教育資金に使ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。実はわたしも子供が生まれてからすぐに児童手当を貯蓄にすべてまわしていたわけではありません。

お恥ずかしい話ですが、借金生活が苦しく途中使い込んでしまった過去もあります…。

しかし、借金を完済してからは心を入れ替えて児童手当は全額貯蓄することに。

2000年から2012年 5,000円×12ヶ月×12年=72万円
2012年から2014年 1万円×12ヶ月×2年=24万円
合計で96万円

中学卒業までもらえるのであと1年間分12万円ほどもらえます。(途中、借金があった頃は児童手当を生活費に充てたりしたダメ親でしたが、現在はその分も補填済み)

生まれてから中学卒業までずっと児童手当を積み立てたら第1子の場合108万円にもなります。できれば、子供が小さいうちは家計から教育資金を捻出し、児童手当は貯蓄にまわすと教育資金の準備の負担が楽になると思います。

ちなみに、今は月1万円の支給に変わっているので今年0歳だとすると
1万円×12ヶ月×15年=180万円となります。
制度が変わらなければ、児童手当だけで進学資金の1/3~2/3を用意することができますね。

学資保険

教育資金といえば学資保険と思って子供が0歳のときに加入しました。加入した学資保険は郵便局の学資保険。その当時は郵便局は民営化前ということで国が保護してくれるという安心感がありましたが、時代は変わり、郵便局は民営化。保険業務も株式会社かんぽ生命保険に引き継がれました。

うちが加入しているゆうちょの学資保険は、中学入学時、高校入学時にそれぞれ10万円、大学入学時に100万円+祝い金5万円を満期金として受け取ることができるものです。

育英年金もついているものなので、支払った金額よりも受け取り金額が少ない所謂元本割れの保険なのですが、加入当時はシングルマザーだったので保険の手厚いものにしました。わたしに万一のことがあっても育英年金がもらえる設計となっています。

再婚した今となれば、シングルマザーのときのように保障もそれほど必要なくなりますし、貯蓄性だけで見ればソニー生命など利回りの高い学資保険もありますし、同じく保険ですが養老保険で利回りの高いもの、もしくは単純に積立貯金で、会社の財形貯金を利用、国内債券クラスの投資信託など、選択肢がかなりありますが、昔は無知だったので、教育資金は学資保険でという頭しかありませんでした。

学資保険は長期の契約になるので、環境への変化に応じて柔軟に変更することが難しいというのが利用してみた感想です。郵貯は民営化でしたが、保険会社が破綻するリスクも背負うことになりますし、もし、保険会社が破綻した場合は貯蓄性の保険はかなり減額されることがあるようです。

また、お金のことを少し学んだ今だから言えることですが、学資保険は固定金利となりインフレには弱い商品です。この15年間デフレでよかった…。

学資保険についていえること まとめ
・学資保険は固定金利 インフレに弱い
・学資保険に変わる商品もある
・デフレなら固定金利が有利
・保険会社の破綻リスクがある
・自動引き落としなので貯蓄が苦手な人でも自然と貯まる
・支払い金額は無理がなく長く続けられる金額で(途中解約すると元本割れ)

家計から貯金

児童手当、学資保険があったので純粋に教育資金として貯蓄したのは100万円のみです。これは普通に月々からとボーナスから。

まとめ

児童手当をもらったらすぐに貯蓄にまわし、学資保険は無理のない金額を月々支払い、それとは別に現金100万円を貯金してやっと一人分の300万円を達成することができました。

どれが正解ということもないとは思いますが、こうやってみると、それほど苦もなく教育資金が貯められたような気がします。

教育資金というのは必ずかかってくる費用なので、期間を決めて長期的な計画を持って貯めていきたいですね。我が家の子供が二人なので、今度は下の子の教育資金を貯めたいと思います。

家計管理について関連記事

節約生活をはじめて5年。ストレスを貯めずにお金が貯まるシンプルな家計管理
主人に何かあったときの生活防衛資金について
今更ですが超短期定期預金が思いのほか便利だと思う件
お金の引き出し方から分かる家計管理能力度
かなりざっくりとしたライフプランを作ってみました
大きな買い物で失敗する原因は脳にあった

比較サイトなら価格.com保険
リンク 総合保険比較サイト【価格.com 保険】
【価格.com保険のメリット】
比較サイト大手の価格.comでは、生命保険・医療保険から学資保険、自動車保険、火災保険まで幅広い種類の保険を『比較・見積もり』 できます。大手ならではの他社に秀でたサービスで、掲載保険プラン数は国内最大級。提供しているサービスも、「保険の比較」「一括見積もり」「人気保険ランキング」「保険の選び方」など満載。さらに、保険の見直しや保険相談も無料と、保険のことが分からなくても、保険の専門家に無料で相談できるサイトです。
節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>