30代の資産額は?やっぱり気になるみんなの貯蓄額

30代といえば、出産や育児、住宅購入など支出が多い世代かもしれません。そこでやはり気になるのは、他の人はどれくらい貯蓄があるのかということ。

そこで、金融広報中央委員会が発表する家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)(平成26年)を見てみることにしました。

貯蓄平均額は1,753万円

hoyuugaku

金融資産を保有している世帯の金融資産保有額は平均で1,753万円。中央値が1,000万円となっています。

細かく見てみると、

・20歳代 平均 346万円 中央値 220万円
・30歳代 平均 656万円 中央値 450万円
・40歳代 平均 913万円 中央値 650万円
・50歳代 平均 1,643万円 中央値 1,000万円
・60歳代 平均 2,515万円 中央値 1,502万円
・70歳代 平均 2,370万円 中央値 1,514万円

年代が上がるにつれて貯蓄額が増加し、60歳代がピークとなっています。30歳代は平均値が656万円、中央値が450万円です。

平均値と中央値

平均値は、全体の和から個数を割って求めるので一部の資産家の方の貯蓄額が数字を押し上げてしまいます。ですから実態よりも多目の金額と考えた方がよさそうです。

中央値は、貯蓄額が少ない世帯から高い世帯を順番にならべて、ちょうど真ん中の順位になる人の貯蓄額がいくらになるかを表した数字なので実態に近いのは中央値の方でしょうか?

金融資産を保有していない世帯を含むと

hoyuugaku2

先ほど見たデータは金融資産を保有している世帯のデータでしたが、金融資産を保有していない世帯を含むと平均値・中央値ともに数字が下がります。

30代の金融資産非保者は全体の34.2%。1/3は金融資産を保有していないことになります。思ったよりも大きい数字だと思いますが、我が家も数年前まではここでした…(汗)

種類別金融商品保有額

syurui

では次に、金融資産を持っている家庭の種類別金融保有額を見てみましょう。

30代の種類別金融商品保有額は

・預貯金 370万円(うち定期性預貯金139万円)
・金銭信託・貸付信託 1万円
・生命保険 135万円
・損害保険 14万円
・個人年金保険 22万円
・債券 5万円
・株式 51万円
・投資信託 18万円
・財形貯蓄 33万円
・その他金融商品 7万円

となっています。

syuruibetu

わかりやすいようにグラフにしてみると、やはり預貯金が半分以上を占め、次に生命保険が続いています。細かいところを見ると個人年金保険は年代が上がるにつれて増加し70代で取り崩されているのがわかります。

ちなみに、我が家の金融資産は主に預貯金、続いて貯蓄性の保険、そして個人向け国債が少し。個人年金保険やリスク性資産はまだ持っていません。

教育資金が確保できたらリスク性資産にも興味がありますし、老後資金もそろそろ準備に入らないといけないなというのが個人的な感想です。

負債も見てみよう

kariire2

今までは資産を見てみましたが、負債の方も見てみたいと思います。

30代の借入金残高を見てみると借入金無しは全体の43.9%。

2,000万円以上の借り入れが一番多く22.5%。住宅購入される方が多いということなのでしょうか?

zyuutakuron

ちなみに、住宅ローン残高も見てみると、2,000万円以上ローン残高がある人が43.2%となっています。

30代の住宅ローン残高 平均 1,715万円 中央値 1,866万円

30代で借り入れしたばかりの人が多いということなのでしょう。

雑感

ざっと見てきましたが、皆さんの感想はいかがでしたでしょうか?「思ったよりもみんな資産を持ってるな~」と思う方、「うちの方が金融資産は多いわよ~」という方、いろいろといらっしゃるかもしれませんね。

わたしの場合は、1,000万円以上の方が8%以上いらっしゃったのでわたしもそこに入りたいと、もっと頑張らないといけなけないなと思いました。

シェアする

フォローする

30代の資産額は?やっぱり気になるみんなの貯蓄額
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!