引越し料金を節約する方法【経験談】

3月・4月になると転勤などで引越しをされる方も多いと思います。敷金・礼金だけでもまとまった費用になりますから、引越し料金はできるだけ抑えたいという方に役に立てばと、引越し料金を節約する方法をまとめてみました。

ダンボール画像

荷物は少なく

荷物が少なければ、作業員の人数も、用意されるトラックのサイズも小さくなります。大型の家具で利用していないものなどがあれば、リサイクルショップなどを利用するのもありです。

新しい家電の購入などは移転してから移転先で揃えた方がいいでしょう。

ダンボールは業者によっては「中古だと無料でお持ちします」というところや「20箱までなら無料です」というところなど、業者によって違ってきます。たいていは用意しなくて済むのではないでしょうか。

荷物の梱包は自分で

荷物の梱包は自分でやりましょう。引越し業者から自分で梱包する際には一通り説明があります。
「炊飯器はダンボールに入れてください」
「冷蔵庫の電源は前日に切っておいてください。故障の原因になりますから。また、冷蔵庫の後ろに水が入っているのでそれは捨てておいてください。」
「衣類収納はそのまま運べるのでダンボールに詰め替えなくても大丈夫です」
「ハンガーに吊るした衣類は専用のダンボールをお持ちしますので何箱必要ですか?」
「本など重いものは小さいダンボールに入れてください」
「食器は不織布をお持ちしますからそれに包んでダンボールに詰めてください」
などなど。

面倒ではありますが、自分でやった方が費用が削減できます。

土日よりも平日の方が安い

繁忙期は引越し業者も価格が高くなります。3月・4月は繁忙期なので、前倒しできるようであれば時期をズラすという方法があります。また、平日よりもやはり土日の方が費用が高く設定されています。引越し日を平日に設定する方が安くなる場合が多いです。

午前中よりも午後の方が安い場合がある

時間帯に関しても午前よりも午後の方が安い場合があります。業者に確認してみましょう。

早期割引サービス・ネット割引サービスを利用する

早期割引サービス・ネット割引サービスなどの割引サービスを利用しましょう。一括見積もりなどが取れるサイトがありますのでそういったサイトを利用するといいです。ただし、メールで届いた概算の見積もり金額と、実際に家に訪問して荷物の量や環境などを見た後で金額が変わる場合がありますので、メールの見積もり金額だけで決めてしまわずに、きちんと交渉しましょう。

車が横付けできるか、エレベーターがあるかなども引越し料金に影響する

移転元・移転先の状況によっても、引越し費用が変わってきます。車が横付けできたり、エレベーターがある方が価格は安いようです。

複数業者に見積もりを出してもらうのは必須

やはり競争相手がいる方が価格は下がりやすいです。

わたしが以前移転した際に見積もりを出してもらったときの価格はいずれも作業員3名で

  • ハート引越しセンター 車を横付けできず人員増員で59,850円
  • コスコス引越しセンター 平日料金半額、時間帯フリーで37,500円
  • アリさんマークの引越社 午前中作業で40,000円

大手の引越し業者は立地を重視しているらしく、車が横付けできないと比較的高くなる傾向があるみたいです。(コスコス引越しセンターの人談)

交渉は面倒ですし、時間もとられるのですが、一番高いところと低いところを比較すると差額は22,350円にもなりますから、引越し料金を安く抑えたい方は複数業者に見積もりをだしてもらうのをおすすめします。

業者によって、立地を重視しているところ、移転先が遠いと半額割引や、各業者によって力を入れている割引サービスが異なりますので、条件が違えば料金も異なってきます。

↓日本最大級の引越し見積もりサイトはこちら
HOME’S引越し見積もり

↓引越し料金最大50%割引


シェアする

フォローする