家計管理のマネーフォワードが気になるけどセキュリティは本当に大丈夫?

無料家計簿のマネーフォワードは、簡単にお手軽に続けられる家計簿ということで密かな話題となっています。利用している銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を自動でまとめて、家計簿を自動作成してくれます。

P1030242
※画像は家計簿のイメージです

アプリ(iPhone、android)も利用でき、資産管理機能が充実しているので便利だと評判も良好なのです。

スポンサーリンク

自動で集計してくれるのが便利

家計簿といえば、手書きもパソコンもいちいち支出項目を書き出して集計し、残高の確認など、ズボらな人には少々面倒な作業ですね。仕事をされている方であれば、仕事から帰ってバタバタと家事をし、子供の面倒を見て、それから家計簿を…というのは、よほどマメな方でないと続かないかもしれません。

マネーフォワードであれば、最初に銀行口座やクレジットカードなどの情報を入力しておけば、あとは自動で引き落とされた記録などをまとめてくれるので、手書きやパソコンへ転記する必要がありません。

現金払いに関しては、これは入力しないといけませんが、それでも一元管理されているので合計を集計する必要もなく、お金の流れが簡単に「見える化」できて、一目瞭然というのはとても素晴らしいサービスだと思います。

料金について

しかもこれだけ機能がしっかりとしているにも関わらず、費用は無料です。

無料会員の場合、記録できる情報は1年までという制約がありますので、1年以上前の家計簿を見たい場合はプレミアム会員の登録が必要となります。

プレミアム会員は、月額500円、年間6,000円。

家計簿にこれだけのお金を使うと考えるとプレミアム会員にはならずにそのまま無料で利用したいと思うのはわたしだけでしょうか。

プレミアムサービス(月額500円)であれば、「お金のコンサル団」という、様々な質問や疑問をぶつけられる、公開パーソナルコンサルティングや、マンスリーレポート、データの閲覧期間が無制限、バックアップ保障サービスなど、様々なサービスが受けられるようになっています。

ただ、これを月額500円の費用を払って受けたいかどうかというのは、人によるかもしれませんね。

マネーフォワードは銀行やクレジットカードの情報が自動取得だけどセキュリティは大丈夫?

マネーフォワードのサイトにはこんな記載がありました。

マネーフォワードでは、セキュリティを第一にシステムを構築・運用しております。
システムの安全性を確認する為に定期的に自社内におけるセキュリティ確認のみならず、
外部のセキュリティ脆弱性評価会社からの第三者診断を受けてサービスを提供しております。
安心してご利用ください。

256 bit SSL暗号化通信を採用
インターネットでの情報の漏洩、盗聴、データの偽造・改ざんを防ぐため、ユーザーの皆様の情報の送受信には、暗号機能「256bit SSL暗号化通信」、公開鍵は現在利用可能な方式の中で、最高水準の暗号方式「2048bit」を採用しています。

暗号化も最近破られるようになっているので、一番新しい規格だったとしてもやはり安心はできません。ネット銀行自体でもウィルスなどによる不正送金などが問題となっているのに、セキュリティは本当に大丈夫なのでしょうか?

過去データのみ閲覧可能
お名前等の個人情報はお預かりしません
マネーフォワードは、ご登録いただいた金融機関の過去データを取得し、保管・表示いたします。
原則として、取引に必要なパスワード等はお預かりしないため、「振込・入金・取引」など、お客様の資産に影響のある操作は一切行いません。(*)

また、メールアドレスを除く、お名前、住所等の個人情報データも一切お預かりいたしませんので、安心してご利用ください。

皆様の大事な情報をお守りするため、お預かりするメールアドレスや金融機関にアクセスするためのデータは全て暗号化して保存しています。

*一部、過去情報を閲覧する場合に暗証番号が必要な金融機関があります。

確かに、銀行から送金するためには、ログインID/PW以外に取引パスワードや確認番号表などの入力が必要になりますので、マネーフォワードだけに預けているID/PWの情報だけであれば送金はされなさそうです。ですが、銀行のID/PWを他のサイトのサーバで保存されているというのは若干の不安を感じるのはわたしだけでしょうか?

個人的に以前PWを盗まれた件

以前、楽天市場のID/PWが盗まれて急にログインできなくなったことがありました。住所や電話番号などの情報が書き換えられていて、センターに問い合わせて個人情報の登録を元に戻してもらい、PWの再発行、クレジットカードの再発行を行ったことがあります。

すぐにPWが盗まれたことに気づいたので、金銭的な被害はなかったのですが、全く知らない住所と電話番号に書き換わっていました。

そういった被害にあったことがあるわたしからすると、いつ、ID/PWが盗まれるかわからない昨今のインターネット事情では、公式サイト以外のサーバに自分のID/PWが保管されてあるというのはどうかな?と疑問に思います。

・PWの使い回しをしない
・セキュリティの定義は最新に更新しておく
・不用意にメールのリンクをクリックしない
・2chなどのサイトにはネットバンキングを利用するパソコンからはアクセスしない

など、普段から気をつけていても被害にあったわたしとしては、マネーフォワードを前面に押しているサイトはどうも信憑度が怪しいと個人的に思うのですがどうなのでしょうか?

そういうと、「ネットバンキングも危ないんじゃないか?」ってことになりますし、ATMを利用しているのであればその時点でPWを盗まれる可能性もあったりしますので、どこでラインを引くかというのは難しいのですが…。

皆さんはどうお感じになられますか?

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

コメント

  1. 通りすがりの人 より:

    昨日、中国からのハッキングのニュースが流れていました。

    確かに、マネーフォワードは、大変便利ですが、やはり、泥棒と鍵がイタチごっこであるように、サーバーやクラウドの保護も、多数のユーザーにアクセスしてもらう性格上、機密保持を破るものはいずれ出てくると思います。

    かねてから、サーバーや、クラウドには、大きな不信感を抱いており、自宅サーバーを置き、外部のサーバーにはデーターを置かないようにしています。

    マネーフォワードを無料使用していますが、解約する決心がつきました。

    • myu より:

      通りすがりさん、コメントありがとうございます。

      やっぱりこういった、クラウドはとても便利ですが
      セキュリティが気になりますよね。

      特に銀行の情報などは漏洩があるとあとあと大変ですし。

      >自宅サーバーを置き、外部のサーバーにはデーターを置かないようにしています
      自宅にサーバーを置かれているなんてすごいですね。
      わたしにはマネできそうにありませんが、参考になりました。