FXの通貨単位 1lot・1枚・1万通貨単位 FXの口座開設キャンペーンに必要な知識

FXで口座開設キャンペーンに必要な知識として、今回は、FXの通貨単位について説明します。

IMG_1198

FXの口座開設キャンペーンの条件として、「1lot以上の取引」「10lot以上の取引」「100lot以上の取引」などと記載があります。まずは、通貨単位を理解し、1lotでどれくらいのリスクを負うのか見てみましょう。

スポンサーリンク

最低売買単位について

まず、FX業者によって最低売買単位というのが決まっています。

例えば、CMが印象的なDMM FXであれば1万通貨が最低売買単位です。FX業者によって最低売買単位が1,000通貨単位の業者もあれば、100通貨から取り扱っている業者もあります。

1Lotとは

Lot(ロット)は、FXを行う際の最低売買単位のことで、一般的には1lot=1万通貨です。

しかし、最近では、FX会社や通貨ペアによっては、1lot=10万通貨や1,000通貨のところがありますので、FX業者の公式サイトで1lotが何通貨単位なのかを確認しましょう。

例えば、

  • マネーパートナーズFXでは、1ロット=100通貨単位。
  • ヒロセ通商 LION FX(ライオンFX)では、1lot=1000通貨単位。
  • GMOクリック証券 FXネオでは、米ドル/円などの大半の通貨ペアは1ロット=1万通貨取引ですが、南アフリカランド/円のみ1Lot=10万通貨単位。

このように、FX業者によって、通貨ペアによって変わってくる場合がありますのでFX業者を選ぶ際には、通貨単位がどうなっているのか必ず確認しましょう。

1枚=1lot=最低取引単位

1万通貨はどれくらいの金額が動くのか

1万通貨はどれくらいの金額になるかというと、

例えば通貨ペアが米ドル/円で、為替レートが1ドル=100円の場合
米ドル/円 1lot(1万通貨、1万ドル)は、日本円で100万円です。

FXの場合はレバレッジを利かすことができますから、
レバレッジ25倍の場合必要となる証拠金は4万円です。

元手4万円で100万円分のドルを買ったり売ったりするわけですから、レバレッジ25倍の大きさがよくわかります。初心者は低レバレッジからはじめる方がいいでしょう。

レバレッジとは

レバレッジとは「テコの作用」といわれるように、小さな力で大きなモノを動かすことをいいます。

FXに置き換えると「小さい金額で大きな投資」をする為の仕組みです。

FXでは投資資金(証拠金)の最大25倍の取引が可能です。先ほどと同じように為替レートが1ドル=100円の場合、元手4万円で25倍のレバレッジをかけると、4×25=100ということで、100万円の取引ができることになります。

外貨預金では、100万円の取引をする場合100万円が必要となりますが、FXの場合(レバレッジ25倍)であれば4万円で1万ドル(100万円)分の取引ができるのです。

レバレッジが高いとロスカットされる可能性も高くなる

ロスカットというのは、含み損が増加し証拠金維持率が低下した際に、自動的に行われる強制決済のことを指します。

FX取引では、1倍~25倍のレバレッジがかけられるようになっているので、大きな利益を狙える分、大きな損失がでてしまう可能性もあります。証拠金が全額なくなってしまうばかりか、不足金が発生してしまう可能性もあります。

全額なくなってしまったり、不足金が発生してしまわないように行われるのが強制決済のことをロスカットといいます。ロスカットの基準はFX業者によって異なりますが、20%~30%に設定されてあったり、業者によっては利用者が決めることができるところもあります。

米ドル/円 為替レートが1ドル=100円 レバレッジ25 証拠金維持率 30% 1lot取引した場合、為替が逆向きに2.8円動けばロスカットにあいます。

ロスカット率を30%に設定していた場合、70%の損失が発生した時点でロスカットが発生するため、必要保証金(40,000円)が30%になった12,000円でロスカットが発動します。
<算出方法>
40,000円×(100%-30%(ロスカット率))=28,000円
(3)ロスカットまでの変動幅
2.8円
<算出方法>
28,000円÷1万通貨=2.8円
(4)ロスカットが発動するレート
97.2円
<算出方法>
100円-2.8円=97.2円

レバレッジが高ければ高いほど、ロスカットに耐えられる変動幅は狭くなることを覚えておきましょう。

証拠金以上の損失がでる追証

証拠金を入れているから、ロスカットの仕組みがあるからマイナスにはならないと思っている方もいるかもしれませんが、それは違います。例えば、指標などで売買が急に動き、システムがついていかずに値が飛ぶことがあります。そういうときは値が飛んだ後の金額で約定するので、証拠金以上の損失がでることがあります。

そうした場合は、追証といって証券会社に追加で入金しなければいけない保証金が発生します。支払えなければ債務となります。

まずはきちんと理解をすることが大切

FXの取引に関してはレバレッジをかけた取引なので、リターンが高い分、リスクも高い取引です。内容をよく理解し、取引されることが大切だと思います。

【終了しました】【キャンペーン情報】DMMFX口座開設でAmazonギフト券15,000円
当サイトとのタイアップは終了しました テレビCMが印象的なDMM.com証券のFXで、口座開設等でAmazonギフト券15,000円分...
節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>