住信SBIネット銀行のハイブリッド預金方法

住信SBIネット銀行SBI証券の口座を持っていると、住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」という円普通預金を利用することができます。

この「SBIハイブリッド預金」というのは、SBI証券での現物取引の買付代金や、信用取引における必要保証金・現引可能額に充当できる銀行預金です。

SBIハイブリッド預金について

SBIハイブリッド預金はイメージとしては、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金に入金すると、自動的にSBI証券の買いつけ余力に反映され、連動しているので、SBIハイブリッド預金に振り替えを行えば、SBI証券口座に直接お金を振り込む必要はありません。

通常、証券会社に口座を開設し証券口座に入金すると、安全性の高い債券を中心としたMRFで運用されることが多いですが、SBI証券の場合はMRFの代替としてSBIハイブリッド預金があるようです。

ちなみに、現在MRFの金利は、日興MRF 0.058%(マネックス証券)、大和MRF 0.014%(大和証券、楽天証券、マネックス証券)と低金利となっており、住信SBIネット銀行のハイブリット預金の金利は0.10%ですからMRFよりも若干利率がいいようです。(2015年2月10日現在)

MRFは元本保証はありませんが、ハイブリット預金の場合は円普通預金ということで預金保険制度の対象というのがメリットです。

今回は、住信SBIネット銀行のハイブリット預金に入出金する方法に戸惑われる方がいらっしゃるようなので、ハイブリット預金への入出金(振替)の方法について解説したいと思います。

代表口座から振替する方法

住信SBIネット銀行のハイブリット預金とSBI証券の買いつけ余力は連動しているので、住信SBIネット銀行の代表口座からハイブリット預金へ振替を行うことでSBI証券で現物取引などを行うことができます。

住信SBIネット銀行の代表口座に入金するだけでは、SBI証券には反映せず、必ずハイブリット預金への振替作業が必要となりますので注意しましょう。

振替手順

haiburito

住信SBIネット銀行にログインし、「口座情報」をクリックします。代表口座の「振替」をクリックします。

haiburito2

出金口座を代表口座、振替先口座をSBIハイブリット預金にし、振替金額を入力、最後に「確認」をクリックします。

haiburito3

WEB取引パスワードを入力し「確認」をクリックします。

haiburito4

振替完了の画面に変わります。

haiburito51-550x325

住信SBIネット銀行の残高照会の画面で確認してみると、SBIハイブリット預金に振替できたことが確認できます。

haiburito6-488x410

SBI証券の口座サマリーを確認してみると、保有資産評価のSBIハイブリット預金の残高にも即座に反映していることが確認できます。

SBI 証券のATMカードを持っている場合、限度額の範囲内でSBIハイブリッド預金残高を引き出すことが可能

タイトルの通り、SBI証券のATMキャッシュカードを持っていると、限度額の範囲内でSBIハイブリッド預金残高を振替作業なしで出金することができます。

SBI証券のキャッシュカードは、セブン銀行・ゆうちょ銀行ATMで利用でき、カード発行手数料は無料。

手数料が利用する時間によってかかる場合があるのと、利用時間があるのがネックですが、直接住信ハイブリッド預金からATMで出金されたい方は便利だと思います。

取引ATM

取引

時間帯

手数料

セブン銀行

入金・出金

7:00~19:00

0円

上記以外

100円(税込108円)

残高照会

時間帯にかかわらず

0円

ゆうちょ銀行

入金・出金

時間帯にかかわらず

200円(税込216円)

残高照会

時間帯にかかわらず

0円

セブン銀行で7時から19時までは手数料無料で利用できますのでこの時間に利用したいところです。

取引単位は、入出金ともに5,000円以上1,000円単位で、出金限度額は1日あたり50万円まで。

SBIハイブリット預金を使った感想

SBIハイブリッド預金は、MRFよりも若干金利が高めで、尚且つ円普通預金なので預金保険機構の対象と、流動性・利便性に優れていると思います。

個人的には、すぐに引き出せるいざというときのためのお金の一部をSBIハイブリッド預金に預け入れています。

同じようなサービスに楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジがありますが、そちらは振替処理などが必要なく、円普通預金として楽天銀行に入金された金額は即座に楽天証券の買い付け余力に反映されます。

振替処理が必要ないというのが楽だという方もいると思いますし、代表口座の口座引き落としの金額とは分けておきたいという方には不便かもしれません。

個人的には、楽天銀行よりも住信SBIネット銀行の住信ハイブリッド預金の方が、振替作業がワンクッション入る分、セキュリティ面では高いのではないかと思っており、代表口座にはできるだけ現金は置かず、SBIハイブリッド預金の方に振替て利用するようにしています。(利息も普通預金よりいいですし)

円普通預金よりも少し利息が高いところに置いておきたいけれど、流動性は確保したいというお金の保管場所にはSBIハイブリッド預金は便利です。

振り込み手数料無料の銀行まとめ
今の低金利の時代、銀行に預けていても微々たる利息しか付かないにも関わらず、ATM手数料や振込手数料などの手数料がかかってしまうので、節約した...

シェアする

フォローする

住信SBIネット銀行のハイブリッド預金方法
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!