サイト運営者必見 グーグルモバイル検索の検索結果が4月21日から変わります

グーグルのウェブマスター向け公式ブログによると、検索結果をもっとモバイル フレンドリーにということで、4月21日からモバイルの検索結果が変わります。

モバイル端末でGoogle検索すると、検索ユーザーがモバイルに最適化されてサイトを見つけやすくするために、「スマホ対応」というラベルが表示されるようになりました。

mobilefriend2

このブログの表示がどうなっているか、スマホでグーグル検索してみると「スマホ対応」という表示がついています。

スマホでサイトを見ていると、たまに横へのスクロールが必要で文章が読みにくかったり、文字が小さすぎたりすることがあるのでますます便利になります。

サイト運営者が気をつける点

逆にサイト運営者の方は、運営しているサイトがスマホ表示に最適化されているかどうか確認が必要です。

[スマホ対応] ラベルが適用される可能性がある条件としてグーグルがあげているのが以下の4点。

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
  • ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
  • 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

これらのことは、スマホからのアクセスを意識している方はもうすでに対応済みだと思われますが、この機会に一度確認されてみてはいかがでしょうか。

モバイルフレンドリーかどうか調べてみよう

ページがモバイルに最適化された「モバイルフレンドリー」かどうか、グーグルがツールを用意しているので調べてみました。

mobilefriend

グーグルが用意している「モバイルフレンドリーテスト」ページでサイトのURLを入力してみたところ、「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示されました。

また、Google ウェブマスター ツールを使うと、 [モバイル ユーザビリティ] レポートに、1つのページだけではなくサイト全体における主要なモバイルユーザビリティの問題が表示されます。

まとめ

スマホでよくグーグル検索する方は、「スマホ対応」と検索結果についているサイトが読みやすいことを覚えておきましょう。

サイト運営者は、スマホにも対応した方が閲覧者にもより見やすいサイト運営ができるのではないでしょうか。モバイルフレンドリーテストを試してみてください。

ちなみに、このブログはWordPressを利用して作成しており、レスポンシブデザインを採用したテンプレートを利用しているので、HTMLやCSSの知識はありませんが簡単にスマホ対応できているみたいです。

シェアする

フォローする

サイト運営者必見 グーグルモバイル検索の検索結果が4月21日から変わります
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!