そういえば、今年の子育て世帯臨時特例給付金ってどうなった?

消費税率の引き上げの影響などを踏まえて、昨年支給された子育て世帯臨時特例給付金。去年は子供一人あたり1万円の支給だったので、我が家では2万円を8月19日に受け取っていました。

今年も支給されるようなのですが、金額が少なくなったようなので、今年の子育て世帯臨時特例給付金について調べてみました。

子育て世帯臨時特例給付金

支給額

対象児童1人につき 3千円

去年は対象児童1人につき1万円だったのが、今年は3千円に減額。我が家の場合は子供が2人なので6千円となります。

支給対象者

平成27年6月分の児童手当を受給される方が対象です。

※ただし、特例給付(児童手当の所得制限額以上の方に、児童1人当たり月額5,000円を支給しているもの)を受給される方は、対象となりません。

※児童手当の認定請求を失念する等して、平成27年6月分の児童手当の対象となる児童分の支給が受けられない方についても、支給対象になり得るので、平成27年5月31日時点で住民票のある市区町村の窓口にご相談ください。

支給対象者は児童手当を受給されている方が対象で、高所得の方はもらえません。また、児童手当の手続きを忘れるともらえませんので、気をつけましょう。

所得制限の目安としては以下の表のとおり

区分
(扶養親族等の数)
限度額目安
(給与収入ベース)
子1人(1人) 875.6万円
夫婦子1人(2人) 917.8万円
夫婦子2人(3人) 960万円
夫婦子3人(4人) 1002.1万円
夫婦子4人(5人) 1042.1万円

我が家は夫婦子2人なので限度額目安は960万円。
世帯収入はもちろんそんなに多くないので、今年ももらえそうです。

申請手続

 申請先は、平成27年6月分の児童手当を受給する市区町村となります。
具体的な申請方法や申請期間などの詳細については、ご案内できる段階になりましたら、国とお住まいの市区町村から順次お知らせいたします。

去年は住んでいる市区町村から手紙が届いて、返送して手続きをしたので、今年もそうなるのかな。

雑感

消費税が8%にあがってから、なんだかジンワリと家計に影響を与えつつあります。

支出を抑えたコンパクトな生活を志していますが、食料品も円安の影響などがあってか、値段はそのままで内容量が減ったり、価格が上がったり、100円ショップに行くと消費税があがったことを実感します。

今回もらう、子育て世帯臨時特例給付金はもちろんそのまま貯蓄する予定。

ジワっと生活の基盤になる支出が増えるというのは、生活をしていると「なんだかわからないけれど生活が厳しくなった」という印象があります。

社会保険料の料率があがり、昇進はしているのですが手取りはさほど増えず、消費税は上がり、物価も上昇。

文句を言ってもしかたがないので、また家計を見直して、節約に励もうと思います。

シェアする

フォローする

そういえば、今年の子育て世帯臨時特例給付金ってどうなった?
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!