高校入学にかかる費用

我が子も中学3年生になりました。3年生と言えば受験生。勉強に勤しんでほしいという親の思いを全く気にせず、部活に励んで楽しい学校生活を送っているようです。それは、それでいいんですけど。

先月、学校で受験について説明会があり、資料をもらってきました。

やはり、高校生以上になると教育資金がかさみます。

今日は、高校の入学時にかかる費用をざっと見ていきたいと思います。

学校からいただいた資料を元に、我が子の志望校の入学時にかかる費用を記載しています。高校によって、地域によって、金額はもちろん代わりますから、参考程度にとどめておいてください。

公立高校の入学時にかかる費用

入学時にかかる費用

教科書・カバンなど 56,000円
制服・体操服など 34,000円
入学一時金 100,000円
道具など 15,000円
合計 205,000円

毎月必要な費用

就学支援金制度適用の場合 2,950~5,450円
就学支援金制度非適用の場合 12,850~15,350円

就学支援金制度は「市町村民税所得割額」が30万4200円未満(年収910万円程度)の世帯で、「申請書」「課税証明書」を提出すれば授業料が0円になります。

我が家はもちろん年収910万円もありませんから、授業料無償化の恩恵を受けることができます。月々の負担がかなり軽減されます。

工業高校の入学時にかかる費用

入学時にかかる費用

教科書・カバンなど 32,000円
制服・体操服など 63,000円
入学一時金 105,000円
道具など 4,900円
合計 204,900円

毎月必要な費用

就学支援金制度適用の場合 12,600円
就学支援金制度非適用の場合 22,500円

修学旅行の積立金も含まれているみたいなので、先ほどの公立高校よりも月々が高くなっています。

私立高校の入学時にかかる費用

入学時にかかる費用

入学金内金 20,000円
入学金・学用品ほか 254,734円
教科書代ほか 112,250円
合計 386,984円

毎月必要な費用

就学支援金制度適用の場合 31,200円
就学支援金制度非適用の場合 41,100円

私立はやっぱり高いですね。

公立と比較すると年間の授業料は30万円以上差があります。

子供には「公立でも私立でもどちらでもいい」と言えるゆとり

上のこの教育資金の予算は300万円としています。本人はあまり勉強が好きではなく「自分は大学にはいかず専門学校に行く」というので、教育資金としては少なめの設定です。

私立の高校3年間で150万円程度。
といっても、毎月の月謝くらいは月々の収入から出せそうですから貯金からの取り崩しはそれほど多くは予定していません。

また、本人が行きたい専門学校2年で150万円程度(調べ済み)。

ということで、公立に落ちて私立に行っても資金が不足することはなさそうです。

我が家は数年前まで借金まみれでしたが、この数年でだいぶ立て直しました。中学卒業までに教育資金が準備できていれば、子供に「絶対に公立に受かって!」と言わずに済みます。

多くのお金は必要ないけれど、子供に十分な教育を受けさせられるというのは幸福です。

シェアする

フォローする

高校入学にかかる費用
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!