はじめてのふるさと納税にチャレンジ-ふるさと納税の始め方-

ふるさと納税は実質2,000円の自己負担で地域の特産品がもらえるというお得な制度です。

しかし、わたしの場合、仕組みがわかりにくい&確定申告が面倒ということもあり今までは利用していませんでした。

ということで、今年はふるさと納税にチャレンジしてみたいと思います。

ふるさと納税の仕組みを復習

ふるさと納税は今年から改正されて、更にお得に、簡単に変わっています。

変更点は

  • 5つの自治体までの寄付なら確定申告が不要に
  • 寄付額の上限がそれまでの2倍に

5つの自治体までの寄付なら確定申告が不要に

条件を満たせば確定申告しなくてよくなる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」がはじまりました。

条件は

  • 会社員などほかに確定申告する義務がない
  • 1年間の寄付先が5箇所以下
  • 今年に限っては4月1日以降の寄付から適用
  • 寄付先の自治体に「ワンストップ制度の利用」を申し出る必要がある

この条件を満たせば確定申告が不要になります。

注意点としては、ワンストップ特例制度を利用するためには、寄付先の自治体に申し出が必要だということです。寄付を行った自治体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」の送付が必要となります。

書類の送付などは必要となりますが、面倒な確定申告をしたくない方にとっては便利な制度です。

寄付額の上限がそれまでの2倍に

寄付額の上限が去年までの2倍に変更になりました。

例えば、年収500万円の夫婦(子なし、専業主婦)の場合、今までの上限金額が3万円だったものが6万円に。

上限額が広がったので、特産品を選べる幅も広がります。

ふるさと納税で実際に税金が控除されるのはいつ?

では、実際にふるさと納税をした場合どのように税金が控除されるのでしょうか。

税金の控除は、「確定申告をする場合」と「ワンストップ制度」を利用する場合では違ってきます。

確定申告をする場合

ふるさと納税を行った年の所得税から控除額が還付(申告時の指定口座へ)され、残りは翌年の住民税から控除されます。

ワンストップ制度を利用する場合

所得税からの控除は行われずその分も含めた控除額の全額が、ふるさと納税を行った翌年度の住民税の減額という形で控除されます。

翌年の住民税の支払いは、翌年6月から翌々年5月までの間。12分割された金額が1ヶ月あたりの控除額となります。

結構、タイムラグがありますよね。

はじめてのふるさと納税にチャレンジ

ふるさと納税の申し込みは電話やFAX、書類などがあるようですが、面倒なことはしたくなかったので、一番簡単にできるネットを利用することにしました。もちろん、確定申告をしたくないのでワンストップ特例制度を利用します。

利用するサイト:ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス

ふるさと納税の手順

  1. 寄付額の上限を確認する
  2. 寄付する自治体を選ぶ
  3. 支払い
  4. 届出書送付

寄付額の上限を確認する

まずは、寄付額の上限を確認してみましょう。今回は、正確な数字が知りたかったのでふるさと納税のポータルサイトのふるさとチョイス内になる計算ツールを利用してみます。

hurusatotyoisu

サイトにアクセスして、寄付金控除シミュレーションの項目に数字を入力していきます。入力の際には源泉徴収表を用意しておきましょう。

表示されたシミュレーション結果が、寄付額の上限となります。(ただし、住宅ローン控除で所得税を引ききっている場合は、正常な計算ができません。)

寄付する自治体を選ぶ

さて、寄付をする自治体を選びましょう。ここでは引き続き「ふるさとチョイス」を利用したいと思います。

とにかく面倒くさがりなので、ふるさとチョイスからクレジット決済ができる自治体に絞ってから、特産品を決めました。

手続きの名義は、税金控除を受ける人の名義で申し込まなければいけません。専業主婦の場合は、ご主人の名義にしないと税金控除が受けられないので注意が必要です。

支払い

ふるさとチョイスからクレジット決済ができる自治体に絞ったので、ふるさとチョイスのサイトから申し込みを行い、Yahoo!公金支払い(クレジット決済)を行います。

  1. ふるさとチョイスに無料会員登録
  2. ふるさとチョイスから寄付する自治体を選択し申し込み(寄附時に「申請書を希望する」にチェックを忘れずに
  3. 申し込み完了メールのURLをクリックしてYahoo!公金支払い(クレジット決済)を行う

届出書送付

申請書を送付して完了。

雑感

手続きを簡単にしたいなら、ふるさと納税のポータルサイトを利用するのが便利ですね。

ワンストップ特例制度で手続きが簡単になったとはいえ、それでも、5箇所に寄付をする場合5回も同じことを繰り返さないといけないのと、申請書の送付も必要です。

特産品は、2,000円の負担で地域の特産品をもらえるということなので、お米やお酒などを中心に選んでみました。これで少し食費の節約になりそうです。

シェアする

フォローする

はじめてのふるさと納税にチャレンジ-ふるさと納税の始め方-
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!