家計のバランスシートを作る際の車の時価評価額について考えてみる

家計管理のコラムなどを読むと「家計のバランスシートを作って純資産額を把握しましょう」と書かれているのをよく目にします。そこでは、「車などの耐久消費財は時価評価額を入力しましょう」と書かれていますが、時価評価額の算定については詳しく触れられていません。

毎年、車の査定を出すのは現実的ではありませんし、「時価がわからないのでとりあえずゼロで」というのも実態に即したものではありませんね。

ということで、今回は家計のバランスシートを作る際に車の時価評価額をどれくらいにしたらいいのかということについて考えてみました。

家計のバランスシートを作る際の車の時価評価は何を使ったらいいか

保険会社が車の時価評価を参考にするときは、オートガイド社の自動車価格月報(レッドブック)や自動車査定協会の中古車価格ガイドブック(イエローブック)などを利用するそうです。しかし、家計のバランスシートを作るためだけなので、それほど正確でなくてもよく、簡単にわかる程度でいいです。

そこで、車の時価評価額を簡単に知る方法として、価格.comの買い取り価格を参考にしてみようと思います。

価格.comの買取価格の確認の仕方

電化製品の購入でいつもお世話になっている価格.com。価格のことならこのサイトを見ればある程度のことが調べられて本当に便利です。

では、さっそく車の買い取り価格を確認してみたいと思います。

まず、価格.com-自動車(http://kakaku.com/kuruma/)のページ中央に「自動車カタログ」があります。

20150806

ここから、自分の車のメーカーを選んでいきましょう。

20150806-2

メーカーを選ぶと次は車種を選択する画面になります。自分の車の車種を選択します。

20150806-5

車種が表示されたら、画面中央にある「買取価格・相場」のタブを選びます。

20150806-4

車種のカタログが表示されたら、一番下にある「買取価格を調べる」のところにある、「初年度登録年」と「型式」を入れます。そうすると、グレード別に「カーオクサポート」「業者間オークション予想買取価格」「ヤフオク!予想買取価格」が表示されました。

我が家の車の場合

カーオクサポート買取参考価格が「109~124万円」
業者間オークション予想買取価格が「119~144万円」
ヤフオク!予想買取価格が「143~159万円」

と表示されました。

車は購入して乗り出した時点で価格が3割下がるとよく言われますが、175万円で購入した車の7割と言うと122万円。買取価格と比べてみると同等程度下がっています。

ちなみに過去の製造でカーオクサポート買取参考価格を見てみると

2013年製 84~99万円
2012年製 75~89万円
2011年製 69~82万円

となっていました。

軽自動車は値落ちしにくいともいわれますが、まぁ、実際に売るとなるとこの程度の価格になってしまうものなのかと。

まとめ

家計のバランスシートを作る時の車の時価は、価格.comの買取価格を参考にすると簡単にわかる。

中流以下の多くの人は、「資産」だと思って「負債」を買い込んでいます。
負債になります。これら負債を持っているほど、あなたは貧乏になっていきます。
by 金持ち父さん貧乏父さん

シェアする

フォローする