自称節約主婦ですがエアコンはつけています

皆さん、こんにちわ。毎日暑い日が続いていますね。

この時期になると気になるのが、やはりエアコンの電気代です。だからといって、エアコンを我慢して過ごしているわけではなく、エアコンはつけています。そして、電気代はそれなりの電気代がかかっています。

全然節約主婦ではありませんね。

スポンサーリンク

エアコンの節約 主婦の失敗談

借金を返済していた頃は、どんな支出であっても1円たりとも節約したいとがむしゃらに頑張っていました。だから、エアコンをつけるのは極力我慢して、扇風機で過ごすことも多かったです。

わたしひとりだけであれば、水に足をつけて涼をとったり、首を冷やしたりなどして工夫して過ごせますが、子供がいるとそうもいかないんですね。

子供が夏休みで家にいるのに、エアコン代をケチってつけずにいたら、子供があせもになりました。はい、病院代の方が高くついてしまったという結果です。

実家の話

わたしの実家は風通しのいい古家だったので、夏場は窓を開け放ち、玄関に打ち水をし、夏場はござを敷き、風鈴を飾り、蚊取り線香をつけ、扇風機やうちわで過ごす家でした。庭にある大きな木が木陰を作ってくれていたので、直射日光は遮られていました。

そういう家で育ったので、「エアコンなんてそんな贅沢なモノを使うなんて勿体無い」と思っていましたが、今のマンションは実家とは比べ物にならないくらいに暑さが違います。

アスファルトの照り返しとエアコンの室外機からの熱気、実家とたいして地理的には変わらないのに体感温度が2・3度違うんじゃないかと思うくらいです。

実家はボロ家だったので、むかでが出て嫌な思いをしたりもしていましたが、振り返って今思ってみると、あれはあれで結構贅沢な環境だったなと。

昔の日本の家屋は、冬よりも夏場どう快適に過ごせるかというのに重きを置かれて設計されているので、いかに風がよく通るかが計算されているそうです。

今の住まいはコンクリートの賃貸マンションですが、窓を開けてもうまく風が通り抜けてはくれません。これも暑さの原因の1つです。

節電できるところは節電しましょう

話を元に戻しまして、現在は無理をしてエアコンをつけるのを我慢して節電するというのはやめました。

子供がまたあせもになってしまっては、病院代や薬代もかかりますし、本人もかゆがって大変ですし。

でも、節電できるところは節電しています。

テレビで特集されていたり、節約系の雑誌で書かれていたり、節約ブロガーさんが書いていたりしますので、それとさほど代わりませんが。

エアコンの節電方法

  • 設定温度は28度で省エネ運転
  • エアコンの畳数を守る
  • フィルターのお掃除をする
  • 窓ガラスに断熱シートを貼る
  • 扉の開閉は少なく
  • 扇風機を併用する
  • 打ち水をする
  • 緑のカーテン
設定温度は28度で省エネ運転
我が家のエアコンは冷房を28度に設定すると勝手に省エネ運転に切り替えてくれます。エアコンの電源を入れてある程度したら28度に設定してちょっぴり節電
エアコンの畳数を守る
エアコンの取扱説明書を見ると我が家の冷房は鉄筋コンクリートの家屋で8畳~12畳と書かれていました。エアコンの性能以上に使わないようにしています。
フィルターのお掃除をする
一応、エアコンのお掃除機能付を利用していますが、やはりそれだけではとりきれないホコリがフィルターに溜まってしまうので、2週間に1度くらいのペースでフィルターのお掃除をしています。
窓ガラスに断熱シートを貼る
うちの窓ガラスには断熱シートを貼っています。断熱シート・断熱フィルムは年間を通して使用することができます。(発熱シートを除く)
冬は暖房、夏は冷房効率を高めることができると謡っていますが、まぁ、気休め程度です。
扉の開閉は少なく
せっかく冷えた空気があまり逃げないように、扉の開閉には少し気をつけています。子供は堂々と開けっ放しにしますけどね。
扇風機を併用する
温度設定を高くしているので扇風機は必須です。でも、エアコン+扇風機で十分に涼しくなります。
打ち水をする
昔の人の知恵はやはりすばらしいですよね。ベランダに打ち水をすると温度が下がり少し涼しくなります
カーテン
本当は緑のカーテンをしたいところではありますが、お手入れできそうにはありません。西日が入る時間が一番暑くなるので、我が家は早めにカーテンを閉めています

電気代の季節変動は仕方がない

家計簿を何年も書き続けていると、年間の光熱費の推移などが見えてきます。そういうのを見ていると光熱費の季節変動はある程度は仕方がありません。

比較するのであれば、前月ではなく、前年同月を。

家計簿をつけていなくても、電気代の明細を見ると前年同月の使用量が載っています。

昨年よりも減っていれば節約成功。増えているのであれば、少し努力する必要があるかもしれませんね。

まとめ

  • エアコンの節約で我慢のしすぎはよくない
  • 節電できることはやってみよう
  • 電気代は季節変動するものだ
節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>