夏場のお弁当作りで気をつけたいこと10

夏場のお弁当は痛みやすいので、食中毒にならないようにいろんなことに気をつけないといけません。

食中毒の原因は、菌とウイルス。人の手を介して感染するブドウ球菌や、貝類などに多いノロウイルスなど、様々な種類の菌やウイルスに注意が必要です。

今日は、夏場のお弁当作りで気をつけたいことを整理してみたいと思います。

スポンサーリンク

夏場のお弁当作りで気をつけたいこと

  • 水気をよく拭く
  • よく冷ましてからお弁当に詰める
  • お弁当や調理器具を衛生的に
  • 手で触れない
  • 味付けは濃いめに
  • よく火を通す
  • 夏場のお弁当作りで合わない食材を知る
  • ご飯を炊くときはお酢を少し入れるといい
  • おかず同士をくっつけない
  • 保冷材を入れる

水気をとる

お弁当が痛む原因として水分があります。

野菜や煮物などの水分はしっかりととってからお弁当に入れます。

よく冷ましてからお弁当に詰める

蒸気からでる水分も菌が繁殖する原因になるので、ごはんやおかずは冷ましてからお弁当に詰めます。

お弁当や調理器具を衛生的に

お弁当箱や調理器具はいつもよりも更に気をつけて、衛生的に使います。特にお弁当のパッキンの部分は汚れが溜まりやすいので、はずしてよく洗います。

我が家ではキッチンハイターでつけ置き消毒するようにしています。

手で触れない

手にも菌がついているので、できるだけ手で直接食材を触れないようにします。

おにぎりを作るときは、100円ショップで売られている型を利用するのもいいですし、わたしの場合はラップに包んでにぎっています。

味付けは濃いめに

砂糖や塩には防腐効果があります。おせち料理を作るとよくわかると思いますが、すごい量の砂糖を使いますよね。

同じように、夏場のお弁当も味付けは少し濃いめに。特に、卵は腐りやすいので卵焼きをするときは少し砂糖を多めに入れています。ただし、砂糖を多く入れすぎると焦げやすいのでそちらにも注意が必要です。

よく火を通す

菌やウイルスは75度で1分以上加熱すると死滅すると言われています。

お弁当に入れるおかずはよく火を通して、生ものは避けるようにします。

夏場のお弁当作りで合わない食材を知る

夏場のお弁当作りで合わない食材は

  • チャーハンなどの混ぜご飯(水分が多く出ます)
  • 半熟の卵(卵は腐りやすいので)
  • プチトマト以外の生野菜
  • チーズやマヨネーズ(腐りやすいので火を通す・ポテトサラダ厳禁)
  • 残り物のおかずを入れるときは必ず再加熱すること

夏場のお弁当作りは少しレシピの幅は狭まってしまいますが、夏場の温度・湿度が高いときに腐りやすい食材は避けましょう。

ご飯を炊くときはお酢を少し入れるといい

お弁当を炊くときにお酢を少しいれると腐りにくくなります。

梅干などを入れると防腐効果があると言われていますが、最近の市販されている梅干は減塩で、塩分が少なめに作られていることも多いので防腐効果は昔よりもないのだとか。

おかず同士をくっつけない

おかず同士をくっつけないように、バランやシートなどを利用しましょう。食材同士が接触することで菌が増殖することを防げます。

保冷材を入れる

やはり、できあがったお弁当はできるだけ低い温度にしたいので、お弁当を包むときに保冷材を入れています。

今日のお弁当

今日は日曜日ですが、子供が部活でお弁当がいるというので、お弁当を作りました。

P1040863

  1. 夜のうちに、お米を研いでタイマーをセット
  2. 昨日のおかずのコロッケをレンジでチン
  3. 冷凍ブロッコリーをレンジでチン
  4. 卵焼きを焼く
  5. 小松菜・にんじん・コーンの炒め物を作る
  6. プチトマトのヘタをとる
  7. 食材を冷ましてからお弁当箱につめる
  8. 保冷材を入れる

こんな感じで手抜き弁当を作っています。

今流行のわっぱ弁当に防腐効果があるらしい

弁当箱で昔からある曲げわっぱ。杉やヒノキでできているので、水分を木が調節してくれて、腐りにくいのだとか。普通のお弁当箱よりもご飯がおいしい、見た目がおいしそうに見えるというのもあり、今人気が出ています。

「水につけっぱなしにしてはいけない」「洗った後はよく乾燥させる」などお手入れは少々面倒そうなのと、密閉度が低い、電子レンジ使用不可などデメリットもあります。

お弁当用抗菌シート

スーパーなどで見かけるようになった「お弁当用抗菌シート」

作ったお弁当に乗せるだけで数時間抗菌効果が続きます。わさびやからしの成分を抽出して作られている抗菌シートが、水分と反応し揮発することで菌の繁殖を防ぎます。

品質保持のために駅弁や仕出し弁当にも使われています。

まとめ

夏場のお弁当作りは気を使うことがたくさんですが、食中毒にならないように気をつけましょう。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>