家計のバランスシート公開(2015年8月)

家計管理をするベースとして、毎年、家計のバランスシートを作っています。

バランスシート(B/S)というのは企業会計で使われているもので、企業の財務状況や体力を知ることができます。

家計においても、バランスシートを作ることで、家計の財務状況を確認し、万一のときにどれくらい体力があるかどうかを確認しています。

家計のバランスシートは、毎月確認する必要はなく、年に1回程度確認することで、ライフプラン作成時の材料にします。

今回は、車購入という大きなイベントがありましたので、年末ではありませんが確認しなおしてみようと思います。

家計のバランスシートの作り方

金融広報中央委員会運営の「知るぽると」というサイトで、EXCELシートをダウンロードすることができるので、それを利用すると簡単に家計のバランスシートを作ることができます。

家計の資産管理簿をダウンロードして解凍します。

baransusito

ダウンロードしたEXCEL表の「預貯金・郵便貯金管理表」タブをクリックして、預貯金の情報を入力していきます。

緑色の部分を入力することで一番左側の資産負債総括表に反映されるようになっています。

同様に、「有価証券管理表」「保険管理表」「クレジットカード・借入金備忘録」のタブも入力していきます。

我が家の資産(2015年8月)

我が家の資産というほど資産がないのが悲しいですが、

sisan20158

結果、

昨年の年末と比較して金融資産は、マイナス 754,521円
ローンなどはないので、負債は0円。
実物資産は車の時価評価で、プラス 1,090,000円
総資産は年末と比較して、プラス 335,479円
総資産:6,798,017円

実物資産に関しては、時価評価額を入力します。車の時価評価に関しては、「家計のバランスシートを作る際の車の時価評価額について考えてみる」でご紹介したように買取参考価格の一番低い査定で入力しました。

雑感

まず、一番下の総資産のところですが、バランスシートでいうと「資本」の部にあたる部分です。

企業でいうと、ここがマイナスなら債務超過の状態ですが、我が家は住宅ローンもその他のローンもありませんから、金融資産+実物資産の金額がそのまま総資産の金額となっています。

総資産は昨年の年末から増加。車を購入した金額よりも時価評価をかなり低く見積もっていますが、それでもプラスとなっていることには安心しました。

しかし、金融資産を見てみると、なんとも心もとない数字です。

一昨年に貯蓄性の保険を全期前納したので、固定資産が大きくなっています。

金融資産がかなり減少しましたので、これからは金融資産を増やすように貯蓄をがんばらなければなりません。

シェアする

フォローする

家計のバランスシート公開(2015年8月)
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!