平成27年から適用される相続税は基礎控除が減額となっている

相続のことなんて、まだまだ先と思ってあまりチェックしていませんでした。しかし、いつの間にか法改正されていて、相続税の基礎控除額が減額になっています。

平成27年1月1日以降の相続税の基礎控除額

今まで相続税の基礎控除は

5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

でしたが、

平成27年1月1日以降に相続した場合

3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

例えば、妻+子供2人で夫の相続財産を相続した場合、法定相続人は3人なので

平成27年以前 5,000万円+(1,000万円×3)=8,000万円
平成27年以降 3,000万円+(600万円×3)=4,800万円

今までは、妻と子供2人で相続した場合、相続財産が8,000万円以下であればかからなかった相続税が、平成27年からは4,800万円以下ではないと相続税が発生してしまうようになっています。

課税される財産

被相続人が亡くなった時点において所有していた財産 ①土地、②建物、③株式や公社債などの有価証券、④預 貯金、⑤現金などのほか、金銭に見積もることができる全 ての財産が相続税の課税対象となります。

みなし相続財産

被相続人の死亡に伴い支払われる「生命保険金」(被相続人が負担した保険料に 対応する部分に限ります。)や「退職金」などは、相続などによって取得したものと みなされ、相続税の課税対象となります。

ただし、「生命保険金」や「退職金」のうち、一定の金額までは非課税と なります。

一定の金額とは、「生命保険金」及び「退職金」の区分ごとに、次の算式によっ て計算した金額をいいます。

(算式) 500 万円 × 法定相続人の数

相続税対策に生命保険を利用する方法

相続財産が多い場合に、相続税対策としてよくとられる方法が、生命保険です。

生命保険のみなし相続財産は、相続財産の控除枠とは別枠で「500 万円 × 法定相続人の数」の控除額があります。

相続財産から生命保険料を支払っておくことで、相続税の対象となる財産が減り、相続税額が減ることになります。

雑感

まぁ、うちにはいまのところ関係ないですけどね…。

シェアする

フォローする

平成27年から適用される相続税は基礎控除が減額となっている
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!