美容院代の節約にカット専門店で1,260円でカットしてもらった

美容院代って高いですよね。カットとカラーをするだけで、ロングだと1万円以上もかかることがシバシバあります。

スポンサーリンク

若い頃は

独身の頃は、流行のスタイルを追いかけて、定期的に通っていた美容院。カット+カラーをやってもらうのがいつものコースで、それだけで8,000円以上払っていたような記憶があります。

その頃は、高いとは思いつつも、自分にお金を使うことは全く躊躇なく、「髪型かわいいね」と言われるのが好きでした。(髪型だけですけどね)

専業主婦になってから

専業主婦になってからは美容にかけるお金がなく、美容院に通う頻度を減らすため髪形はセミロングかロング。

今は、利用する美容院は1,000円~1,500円未満でおさまる、カット専門店を利用しています。

一番初めにカット専門店に行ったときは、それはやはり抵抗がありました。周りを見ると、わたしよりも20歳以上の熟女達ばかりなのですから。

でも、シャンプーやトリートメント、ブローの時間が短縮されて、これはこれで便利です。

3時間以上も椅子に座り続けるのは辛いと感じていた美容院にかかる時間も節約。

効率的ですよね。

1年以上遠のいていた美容院に久々に行ってみた

美容院に通う頻度を減らすために、髪型はセミロングかロングなのですが、さすがに1年以上も髪をカットしていないともっさりとなっています。

ということで、耐え切れなくなって美容院に行きました。

もう、かれこれ1年以上行っていない美容院。

店員:「髪、伸ばされていたんですか?」

わたし:「いえ、面倒だったので放置していました」

店員:「苦笑」

久しぶりに美容院に行くと、こうなります。

美容師さんはプロなので、やっぱり、定期的に美容室に通っているかいないかというのはすぐに気がつきますね。

美容院はあまり好きではない件

ちなみに、美容院に行くのが元々あまり好きではありません。最近の美容室はヘアカット以外にもネイルを行ってくれたり、カラーコーディエイト診断をしてくれたりと至れり尽くせり。

カリスマと呼ばれる美容師さんに切ってもらえば更に価格は上昇します。

そういうのが、プチセレブっぽい気分を味わえて、リラックスできるという方にはうれしいサービスなのでしょうが、わたしの場合は違います。

まず、男の人に髪を触れるのがイヤ。

それから、美容師さんが話しかけてきて、話を合わせないといけないことに疲れる。

「黙って切ってくれるだけでいいんですけど」

なんてことを思っています。

節約のためじゃなく、カット専門店がわたしには合っているのだと思うようになった

カット専門店を利用する前は、「ちょっと恥ずかしい」という気持ちが強かったのですが、今は、「カット専門店ってすばやくて楽」と変わりました。

長い時間拘束されないというのと、流行の髪型を追わなくなったということと、安いということ。

一石三鳥で合理的。

カラーについて

カラーに関しても、カラー専門店などでは、普通の美容室よりもかなり安価でカラーできます。また、セルフカラーだったら溶剤だけで済むのでこちらもお安いですね。

わたしの場合は、最近カラーもやめてしまいました。

セルフカラーをしていたのですが、自分で根元だけ染めるのは困難だというのと、髪が痛みます。

カラーをしないようになってからは、髪が痛みにくくなり、豚毛の櫛でとくだけで自然なつや。

最近は、白髪が気になるようになってきたので、次にカラーをするときは白髪染めになるかもしれません(涙)

写真を撮られてもいいという人はカットモデルが節約になる

わたしは絶対にしませんが、知り合いがカットモデルをやっていて、美容院代がタダになっています。

美容師さんからオファがあってはじめたみたいなのですが、いつもあたらしい髪型にチャレンジして、とても楽しそうです。

カットモデルだとどういう髪型にされるのかわかりませんので、そういうデメリットもありますが、美容師さんにお任せでいつも新鮮なスタイルにしてもらいたいという方にはおすすめです。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>