自動車保険の更新時には保険内容の見直しをするチャンス

我が家の自動車保険の更新月が近づいてきました。自動車保険は1年に1度更新するタイプのものに加入しているので、更新月が近づいてくると

  • 「このまま継続しようか?」
  • 「他社と比較してみようか?」
  • 「契約内容はこれでいいのか?」

など、自動車保険を見直すチャンスでもあります。

ということで、我が家の自動車保険を少し確認してみたいと思います。

まずは継続した場合を確認

まず、自動車保険が来期はいくらになるのか、ネットの更新画面を見てみましょう。

zidousyahoken

現在の契約内容で見積もりすると、年間保険料は39,480円

契約内容は

ノンフリート等級 19等級
運転者の範囲 年齢条件 26歳以上補償
運転者限定割引 家族限定
同居の子供の年齢条件 なし
ゴールド免許割引 なし
相手方への補償 対人賠償保険金額 無制限
対物賠償保険金額 無制限
対物事故負担 0万円
他の自動車運転危険補償特約 あり
ご自身・搭乗者の方への補償 人身傷害保証保険金額 1億円
無保険車障害 2億円
自損事故 1,500万円
搭乗者障害保険金額 1,000万円
車両保険 車両保険種類 一般
車両保険金額 160万円
車両自己負担額 10-10万円

特約・・・対物差額修理費用保障特約、自転車事故補償特約(賠償責任:1事故につき1億円 死亡・後遺障害:1名につき1,000万円 治療:定額払)

今年、車の買い替えたので、それまでつけていなかった車両保険をつけました。

車両保険いるの?いらないの?どっちですか?
車を買い替えるので、それに伴い車両保険にも加入した方がいいのか検討中です。皆さんは、車両保険かけてらっしゃいますか?

車両保険をつけると保険料が今までの約2倍ほどにあがってしまいます。しかし、「全損した場合の買い替え費用を現金で用意できるか否か」などを検討し、次回の車購入資金が用意できるまでの2~3年の間、車両保険をつけることに決めました。

また、自転車事故保障特約をつけています。これは、子供が自転車で自己を起こした場合の賠償責任保障として。

他社と比較してみる

次に、同じ内容で他社と比較してみました。

比較サイトを利用すると比較的簡単に自動車保険の見積もりを取ることができます。画面に沿って、現在の保険内容とほぼ同じ内容で料金比較してみたところ

ソニー損保   :44220円
アメリカンホーム:48120円
三井ダイレクト :40760円
アクサ損害保険 :40230円
セゾン自動車火災:47760円

自転車事故補償特約の特約をつける項目が無かったので、上記の金額は自転車事故補償特約なしの金額です。

結果、今現在加入しているSBI損保が一番安いことがわかりました。

契約内容を見直してみる

少しでも節約できればと、契約内容を見直してみることにしました。

ノンフリート等級 19等級
運転者の範囲 年齢条件 26歳以上補償
運転者限定割引 家族限定
同居の子供の年齢条件 なし
ゴールド免許割引 なし
相手方への補償 対人賠償保険金額 無制限
対物賠償保険金額 無制限
対物事故負担 0万円
他の自動車運転危険補償特約 あり
ご自身・搭乗者の方への補償 人身傷害保証保険金額 1億円→無制限
無保険車障害 2億円
自損事故 1,500万円
搭乗者障害保険金額 1,000万円→なし
車両保険 車両保険種類 一般
車両保険金額 160万円
車両自己負担額 10-10万円

特約・・・対物差額修理費用保障特約、自転車事故補償特約(賠償責任:1事故につき1億円 死亡・後遺障害:1名につき1,000万円 治療:定額払)

今回変更したのは、自分や搭乗者の保障です。

人身障害保障保険金額を1億円から無制限へ。これで保険料は100円程度UP↑。

搭乗者傷害保険金額を1,000万円からなしへ。これで保険料は2,000円程度DOWN↓。

人身障害保障保険と搭乗者傷害保険の違いは、お金が出るタイミングと金額の違いで、内容は重複している部分が多いです。

どちらか一方だけに加入するのであれば、「人身障害保障保険」に。

入院費用などの立て替える余裕が無いのであればプラス「搭乗者傷害保険」にも。

我が家の場合は、重複している内容は省いて保険料を安くしたいので、搭乗者傷害保険は「なし」にします。

20150914

結果、年払い保険料は37,150円に。

今年はこの契約でいこうと思います。

まとめ

  • 自動車保険の比較はネットの比較サイトが便利だけど、その後保険会社からのメールがたくさん来る
  • 自動車保険の見直しをするときは、自分が加入している保険内容の確認が重要
  • 車両保険を早くはずせるように貯金をがんばる
  • 今まで無事故でノンフリート等級19等級、来年は20等級を目指すわ!
自動車保険の節約
保険というのはもし万が一のことがあったときに、貯蓄だけではまかなえないような大きな損害に対して必要なものです。 中でも自動車保険は、大...

シェアする

フォローする