ロリポップサーバの新サーバー事前移設をやってみた結果

昨日メールが届いていたように、「ロリポップサーバの新サーバーへの事前移設受付のお知らせについて」ということで、新サーバーの移設が スタンダードプラン または エンタープライズプランでできるようになっています。

ロリポップは価格が安いというのは魅力なのですが、遅いというのも評判で、このブログも表示が遅いような気がするので他のサーバーへ移転しようかと思っていたところでした。

新サーバーになって、よければ引き続き使いたいと思い、早速サーバー移転の申し込みをしました。

ロリポップサーバの新サーバー事前移設の注意点

移設処理中は以下のサービスが停止します。

  • WEBサイトの表示
  • FTPS/SSH/WebDAVなどの接続
  • cronの実行
  • ユーザー専用ページでの一部の操作

ページが表示されなくなるので、できるだけアクセスの少ない時間帯を狙ってボタンを押した方がよさそうです。

ロリポップサーバの新サーバー事前移設の手順

ロリポップの管理画面にアクセスしてログインします。

lolipopu0928png

新サーバーへの事前移設をご希望の方はこちらの「こちら」をクリックします。

lolipop0929

ページ内「事前移設の注意点」をよくご確認の上・・・

解説をよく読んで、「事前移設を申し込む」をクリックします。

lolipop09291

事前移転の申し込みが完了すると、登録メールアドレス宛に移設完了のメールが送信されるという案内が表示されます。

実際に自分のブログにアクセスしてみると、

lolipop09292

403エラーが表示されました。

メンテナンス中と表示されるとよかったのですが、403か…。

まぁ、しょうがないですね。

ということで、サーバー移設中にアクセスいただいた方、繋がらなくて申し訳ありませんでした。

それで、移設の時間は実際にどれくらいかかったかというと、朝の9時にボタンを押してから1時間程度で完了メールが届きました。

数分から1日程度かかる場合があるというアナウンスでしたが、わたしの場合は意外と早かったですね。

サーバー移設で変更になった点は、

・サーバー番号
・FTPSサーバー
・SSHサーバー
・アクセスカウンターの設置用タグ
が変更になりましたので、サイトで確認して設定変更を行いました。

サーバーの応答時間が短くなったかどうか確認してみた

では、新しいサーバーになったということで、どれくらいサーバの応答が速くなったのか調べてみたいと思います。

googleが提供しているサービスの「PageSpeed Insights」にアクセス。

PageSpeed Insights」を使うと、サイトの改善点を教えてくれるgoogleのサービスです。

「画像は圧縮した方がいいよ」とか「CSSを縮小するといいよ」とか「モバイルでタップ要素が近いところがあるよ」とか。

その中にサーバーの応答時間もあり、メンテ前は、サーバーの応答時間がだいたい1秒から1.5秒程度でした。

いつも、サーバーの応答時間を短くするようにといつも指摘されていました。

それで、サーバー移設が完了したので早速、テストしてみると

「Google のテストでは、お使いのサーバーは 0.93 秒で応答しました。」

おっ、若干速くなったかな?と思い、何度か試してみると、だいたい1秒前後でした。たいして速くはなりませんでしたね…。

まぁ、サーバーの応答時間はリクエストの回数にもよりますから、プラグインを見直したり、キャッシュを使ったり、改善できるところは試してみようと思います。

シェアする

フォローする