タマホームの資料請求をしてみた結果

ポイントサイトのげん玉で、タマホームの資料請求&店舗来場でQUOカードがプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

tamahome

スポンサーリンク

キャンペーン内容

資料請求でQUOカード500円分プレゼント。
更に、資料請求とあわせてWEBページ内の「来場予約フォーム」に登録後、予約日にタマホームの店舗へ来場した方にQUOカード1,500円分をプレゼントいたします。

と、合計2,000円分のQUOカードがもらえます。

普段は、景品が魅力的でも景品目的で資料請求したりすることはありませんが、今は実際に家の購入を検討しているので、ちょうどよかったとタマホームの資料請求をしてみました。

携帯電話に連絡が・・・

日曜日。

携帯電話に見知らぬ番号からの着信がありました。

普段は知らない番号に折り返したりしませんが、最近、営業の方や不動産屋さんから連絡をいただくことも多いので折り返してみると、タマホームからでした。

電話をもらったときは外出していて家は不在にしていたのですが、どうやら自宅にアポなし訪問したようです。

営業:「QUOカードもありますし、郵送ではあれですのでお持ちしました。」

とのことでした。

来るなら来るで連絡くらいしてくればいいのに、と内心思ったのですが、わざわざ来てもらったのでと、時間を予約し後日自宅に来てもらいました。

後日

営業さんがやってきました。

あまり家にはあげたくなかったのですが、主人が「店舗へ行く日をもっと早くしてくれないか」と楽しみにしているみたいなので、日程調整にと営業さんを家の中へ。

資料をもらって、店舗へ行く日程調整が終わったので、すぐに引き取ってもらおうと思ったのですが、なんだか長居する気のようで。

概要をざっと聞いてみた

Q.アベノミクスがはじまる前は、広告で坪単価25.8万円とでていましたが、今はどうなんですか?

A.スタートがローコストメーカーだったので、ローコストメーカーだと思われている方が多いかもしれませんが、今は他のメーカーと同様にローコストではない商品が主流になっています。

5タイプ展開していて、おすすめは一番グレードが高い大安心の家です。長期優良住宅にも対応しています。(注文住宅)

その下が、木麗な家です。(注文住宅)

その下が、規格住宅で少し小さめの30坪程度の家ですね。(規格住宅)

( 注文住宅はその名のとおり、施主の注文に応じて自由に設計する家で、規格住宅は「間取り」や「外観」、「設備」などがある程度パッケージ化された住宅です。)

と、持ってきたパンフレットを指差しながら教えてもらいました。

その下の2つのグレードは売るつもりが全くないようで、何の説明もありませんでした

まぁ、円安で建築資材の価格が上がっているのでローコスト住宅を売ったところで利益がでないんでしょうね。

A.坪単価はいくらくらいですか?

Q.大安心の家が坪単価42万円。その下の木麗な家が坪単価40万円です。

まぁ、大手メーカーだったら坪50万円、60万円というところがざらなのでタマホームは安いほうかもしれないなと思っていたら、営業さんがうちの予算を聞いてきました。

営業:予算はいくらですか?

わたし:(まだ展示場を見てもないのに予算の話か…)この前、レオハウスにいってきたら坪単価37万円~38万円ぐらいだという話を聞いたので。タマホームさんもローコストメーカーだと思っていたから申し込んだんですけど。

とにごしておきました。

すると、お金を持っていないと思われたようで態度が変わりました。

あ~、不愉快。

まぁ、確かにあんまりお金はないんですけど、あからさまに態度に示されるとこちらも人間ですからやはり頭に来ます。

とりあえず、QUOカード500円分はしっかりもらい、帰っていただきました。

タマホームについて調べてみた

タマホームの話を聞く前にレオハウスにいっていたので、まずそこで聞いたタマホームの話から。

ちなみに、レオハウスは株式会社ナックがやっているローコストメーカー。注文住宅以外にもダスキンなどの事業を展開している東証一部上場企業。

タマホームの社長の玉木社長は、最初は小さな工務店だったのを株式会社ナックがコンサルしていたんですよ。レオハウスの営業さんは営業経験が長いらしくタマホームでも販売していた時期もあるのだとか。

あとでネットを見ると、どうやら色々とあったようで今は仲違いして、レオハウスとタマホームは犬猿の仲のようですね。

タマホームについて調べてみた

タマホームの株価を見てみると、上場直後は1800円を越えていた株価が、現在は450円を割り込んでいます。株価だけを見ると右肩下がりで。

配当も無配のときもあるみたい。

業績も売り上げ、利益ともに右肩下がりで、2015年5月期決算は純利益がマイナス。つまり赤字に転落しています。

やはり住宅メーカーは厳しい時期なんでしょうね。

タマホームのネットの評判が本当に悪い件

タマホームを検索してみるとブラック企業という候補がでてきます。

どうやら、営業マンが過労死した事件があったようで。

急成長する会社というのはどこかにひずみがでるもので、それは度々従業員にシワ寄せがくるんでしょうね。

また、営業のノルマはかなりきびしいとのうわさ。

通常の大手ハウスメーカーの2倍の件数を、タマホームの営業はこなすそうです。

CMなどで大々的な広告を打ち、店舗に集客させてどんどん回転させていくということでしょうか。

実際に、我が家に訪問した営業も「再来週に土地の情報を持ってきますので時間いいですか?」

と、まだ店舗で説明を何一つ聞いてもいないのに、話を進めてこようとします。

実際に土地は探しているので土地情報は助かるのですが、このガツガツした感じ、好きではありません。

思わず、「まだタマホームに決めたわけではないんですけど」と心の声がでてしまいました。

じっくりといい家を作りたいという方には向かないハウスメーカーみたいです。

広告宣伝費は他ハウスメーカーより多い

普通のハウスメーカーが2%~4%の広告宣伝費のところ、タマホームは7%~8%ほど広告宣伝費に使っています。

その分粗利率は低く、利益率は2%程度。

たくさん売ってたくさん建てないといけない会社です。

これは、営業さん大変でしょうね。

クレームも多いらしい

一番嫌だな~と思ったのが、クレームです。

施工途中に建築現場でいい加減な施工をしているのを見つけて指摘すると、現場監督がごまかそうとした。などといった施工に関することがたくさんでてきます。

建った後も、建てつけが悪いなど色々なところに不具合がでて、訴えられることもあるのだとか。

いくら他より坪単価が安くてもそんなメーカー嫌だな。

まとめ

  • タマホームはネットの評判がすこぶる悪い
  • タマホームの営業はハイグレード商品を買う見込みがない客には冷たい
  • タマホームはローコスト住宅を売るつもりが全くない
  • キャンペーンのQUOカード代はタマホームで建てた家の建築代で賄われている
  • タマホームの広告宣伝費の占める割合は高い
  • タマホームの施工業者の評判が悪い

「日本の家は高いから、もっと安い家を提供したい」というコンセプトのレオハウスに共感を得た1日でした。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

コメント

  1. もえ より:

    現在タマホームで家を建築中ですが、
    夢のマイホームどころか地獄のマイホームです。
    工事はずさんで、治してくださいといっても治してくれないし、
    ネットでさんざん書かれてるけど、そうはいっても大企業だから
    余り大それたことはしないだろうと思っていた私が甘かったです。
    金額もわけのわからない金額をどんどん上乗せされ
    ネットって信用していいんだなって初めて思いました。

    • myu より:

      もえさんコメントありがとうございます。
      ネットの評判というのはどの程度信じていいのか
      わかりませんが、このブログではわたしが感じた
      個人的な意見を述べさせてもらっています。
      タマホーム、営業担当の印象が悪かったのですが
      肝心の工事までやはりずさんなんですね。
      なんだか大変そうですね…。