リクルートカードから楽天カードに戻った3つの理由

クレジットカードを利用するなら還元率が高い方がいいに決まっていると、今まで使っていた楽天カード(還元率1%)からリクルートカード(還元率1.2%)に半年ほど前に切り替えました。

けれども、リクルートカードをメインカードをして使ってみると、なんだかそれほど還元率の高さの恩恵を受けていないような気がするのです。

結局、リクルートカードをメインカードに利用するのはやめて、今まで使っていた楽天カードに戻しました。

リクルートカードから楽天カードに戻った3つの理由

  • クレジットカードの締め日と支払日
  • ポイントの使いやすさ
  • 還元率の恩恵を得るほど利用しない

クレジットカードの締め日と支払日

楽天カードは末締めの翌27日払いで、リクルートカード(VISA)は15日締めの翌月10日払い。

今まで、末締めのクレジットカードばかり利用していたので、月途中の15日締めというのになかなか馴染めません。

また、給料日が20日なので、できるだけ支払いを早くしたいわたしとしては、27日払いの楽天カードの方がいいんです。

いつも多めに通帳に入れているので、引き落とされないということはありませんが、なんとなく、使いにくさを感じます。

ポイントの使いやすさ

リクルートカードのポイントはリクルート関連企業の旅行の「じゃらん」、外食するなら「ホットペッパーグルメ」、美容院などで利用できる「ホットペッパービューティー」に、ネットショッピングなら「ポンパレモール」などです。

また、リクルートポイントをローソンなどで利用できるポンタと交換することもできます。

※2015年11月24日より、リクルートが発行する「リクルートポイント」が「Pontaポイント」に変更ととなりました

そして、携帯アプリのショプリエを利用すれば提携先の企業のポイントにも交換ができるのですが、、、。

以前よりはポイント交換先が増えて便利になっているとはいうものの、わたしが利用したいところはあまりありません。

これなら、いつもの楽天市場の楽天スーパーポイントの方が便利かも。

還元率の恩恵を得るほど利用しない

そもそも、基本的にあまりお金を使わないケチケチ主婦なので、それほどクレジットカード決済がありません。

少ない金額で還元率1%から1.2%に増えたとしても、大して恩恵がないんです。

それよりも、楽天市場で買い物したポイントと、カード決済した楽天ポイントも合算されますし、くじを引いてポイントがもらえたり、誕生日にポイントがもらえたりしたポイントが合算される方がポイントがまとまるんです。

結局

そんなこんなで、結局、ポイントの使いやすさと、締め日・支払日が慣れているということと、ポイント還元率は1%でも十分だよね、ということで楽天カードのメインカードが戻りました。

やっぱり、クレジットカードは使いやすさも大事だよね、ってこと。

シェアする

フォローする

リクルートカードから楽天カードに戻った3つの理由
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!