北海道仁木町からふるさと納税のお米をいただきました

ふるさと納税制度は数年前から行われていましたが、わたしは今まで利用したことがなく、今年から初挑戦しています。

今回は、お礼の品のお米を目当てに北海道余市郡仁木町に1万円ふるさと納税しました。

北海道余市郡仁木町のゆめぴりかとおぼろづき

最近は北海道でもお米がとれるようになったということと、北海道のお米はおいしいという評判を聞きつけて、「北海道沼田町の雪中米」に引き続き、また北海道のお米を頼みました。

P1050053

容量:おぼろづき3kg×2、ゆめぴりか×3kg×1

余市川流域に広がる水田地域は水はけが良く、温暖で美味しいお米が作れます。手間をおしまず作りました。

包装もビニール袋ではなく紙で丁寧に包装されていて、おぼろづきが2袋、ゆめぴりかが1袋、合計9kgのお米をいただきました。

P1050054
お米の粒も揃っていてとても綺麗です。

最近気になる北海道のお米

前回はななつぼしをいただきましたが、とてもおいしかったです。

おぼろづきは冷めてもおいしいと評判の品種。また、ゆめぴりかは、豊かな甘みと粘りが特徴。
P1050052

いつも買っている地元のお米もいいですが、たまには違う品種も試してみたいと思います。

シェアする

フォローする

北海道仁木町からふるさと納税のお米をいただきました
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. まねきねこ より:

    お久しぶりです。(^^)

    お米、ふるさと納税で頂くお礼の品としては、ものすご~く良いですよね~!
    日本国中の色んな銘柄のお米が、お得に選び放題!って感じですね。
    私も喉から手が出るほど欲しい!!…のですが、残念ながら今の我が家では消費出来そうにないのですよー。
    強欲な私は、そんなジレンマもわすれ、毎回つい納税しそうになってしまいます。

    年末に向け、ふるさと納税も佳境に入ります。笑
    駆け込み納税などでSOLD UP続出なのが常でした。今年はどうなるんでしょう?
    私もそろそろ今年の分は「納税納め」しようと目論んでるところです。
    myuさんもお忘れなく。

    因みに私は所謂「寄付可能枠」よりちょっと多めに行います。
    「増える手出し額」<<<「お礼の品」 ←こ~んな図式になる事も多いので。
    どこまで強欲なんだ? って話なんですが。(^^;)

  2. myu より:

    まねきねこさん、こんにちわ^^

    うちは低所得なのでふるさと納税の枠もそれほどありませんし
    子供が食べ盛りなのでなんだかんだでお米になってしまいます。

    まねきねこさん、サイト変えられたんですね。

    ふるさと納税の特産品がたくさん届いていたのですごく驚きました。
    すごい、高所得者なんですね。

    >年末に向け、ふるさと納税も佳境に入ります
    そうですよね。
    そろそろ、かけこみが増える時期になりますので
    わたしも今年の分は「納税納め」しようと思います。

    >因みに私は所謂「寄付可能枠」よりちょっと多めに行います。
    「増える手出し額」<<<「お礼の品」 ←こ~んな図式になる事も多いので。
    ↑そうなんですか?
    寄付可能枠よりも多く払えばその分の税金は戻ってこないと
    認識していたので、お礼の品をもらってもペイできないのでは
    ないでしょうか??

    わたしは足がでたくないので、寄付可能枠よりも少なめにしようと
    思っていたんですけど…。

  3. まねきねこ より:

    税金は、収入が少し多くなるだけで信じられないくらい多く徴収されますので、ふるさと納税枠もちょっと多くなっていますが、決して「収入=お金持ち」ではないので。笑

    ちょっと多めの寄付 のところですが、
    私の頭がよろしくないので、そもそも私の理解が間違っているかも?ですし(笑)、
    ちゃんとお伝えできるかな?と思いつつ…。

    ↓数字はでたらめですが、

    50,000円寄付で負担金が2000円だったとします。
    そこに、お米10,000円を<余計に寄付>したとします。

    お米の価値が5,000円だとして、負担金が1,000円増える(合計3,000円負担)
    増える負担金1,000円<お米の価値5,000円

    …という図式です。

    50,000円納税した場合の負担(戻り)金と60,000円納税した場合の負担(戻り)金を、ふるさと納税関連サイトでシュミレーションしてみてください。

    私が間違っている可能性も大です。ごめんなさ~~~い。
    その時は、是非、バカな私でも解るように教えてくださいね?(^^;)

    • myu より:

      ふるさと納税シミュレーションサイトでシミュレーションしてみました。

      例であげていただいているとおり、2千円の負担で上限金額5万円とします。
      実際の寄付は5万円ではなく多めに+1万円の6万円とします。

      総収入金額が500万円で、上限金額が5万円にるように他の項目を調整してみました。

      hurusato1022

      実際には上限金額の5万円ではなく+1万円を寄付するので6万円を寄付するように入力します。

      hurusato102201

      自治体に寄付する金額を+1万円の6万円にしてみると、負担額は9,200円となりました。

      結果、7,200円の実質負担増となります。

      そうなると、還元率がかなり高いお礼の品ではないと元がとれないような気がします。

      シミュレーションサイトもいろいろありどのサイトがどの程度正確なのかわかりませんが
      http://kaikei7.com/blog-entry-2.html
      のシミュレーションがかなり正確なので試してみてはいかがでしょうか?

  4. まねきねこ より:

    早々のご回答、有難うございます~♪

    早速、リンク先に飛んだのですが、情報量が多くて直ぐには読破できそうもないので、
    後でゆっくり、もう一度読みますね~。
    リンク先、シュミレーションがどこからできるのか?さえ解らずじまいです。(笑)

    そして、ゴメンナサイ、先に記した私の例が悪かったですね。
    そうなんですよ、先に記した「たとえの数字」では余程美味しい還元率OR欲しい物でなくては、的確な表現が思いつかないのですが、一般的には「損」をする結果となってしまいます。
    計算というか、考え方が簡単になるようにと思い、数字を大きくしすぎました。すみません。

    >因みに私は所謂「寄付可能枠」よりちょっと多めに行います。
    ↑一回目のコメントでの、この「ちょっと」ってところが味噌なんですよ。笑

    所謂<寄付枠>で出る?くっついてくる?「半端な数字」を切り上げる?という事なのです。
    切り上げるために、ちょっと多めに寄付する。
    そうすると2,000円の寄付では収まりませんが、あとちょっと寄付が増えますが、寄付控除を100%受けられ、なおかつ増えた手出しより還元率が高い商品を頂く?
    負担金2,000円にするための寄付枠って、きっちりした数字じゃないですよね?ちがうのかな?

    んーーー 解りにくいですね、私の説明。。。。バカでスミマセンー(涙)
    下手に問題提起してお時間をとってしまいすみません。
    こうやって書いてても、自分でも何を言いたいのか解らなくなってしまってます。(汗)

    やはり、頭で考えるより(いや、考えてやらなきゃいけないんですが・笑)、実際にやってみて&失敗もしてみて、解ることが多いです。そうやっていくうちに自分なりに落しどころが解ってきます。
    (特に収入が一定で税金控除も変更が無い場合は、解りやすいです)

    私は毎年この時期になると、これから起こるかもしれない税金控除のリスク(?)と、納税ラッシュのせめぎ合い(笑)の中で、落しどころを見極めています。

    myuさんもご自身の落しどころ?を見つけて、お得にふるさと納税してくださいね(^^)

    • myu より:

      わたしの方こそ細かいことが気になってすみません。

      少しぐらい枠がでても負担額はそれほど変わらないってことですよね。

      混乱させてしまってすみませんでした(汗)