SBI証券の投信積立キャンペーンに参加して現金3,000円を狙ってみる

証券会社で定期的に開催されている投信積立キャンペーンというのがあります。

投資信託の積立設定を行うと、積立金額に応じてキャッシュバックされるというもので、今回わたしがメインで利用しているSBI証券でも投信積立キャッシュバックキャンペーンが行われているので参加してみることにしました。

キャンペーン内容を確認

SBI証券で指定されているファンドを新規・増額設定し、その後2ヶ月連続で約定された方にもれなく、新規・増額設定金額に応じて現金がプレゼントされます。

新規・増額積立設定の金額は、対象ファンドの2015/10/23(金)00:30時点の合計設定金額と、キャンペーン期間中(設定期間)に積立設定を行った金額との差額にて計算されます。

キャンペーン期間

設定期間:2015/10/23(金)~2015/11/30(月)
約定期間:2015/10/26(月)~2016/2/1(月)

プレゼント内容

新規・増額設定金額10,000円ごとに現金300円をプレゼント
(上限  新規・増額設定金額:10万円 プレゼント:3,000円)

対象ファンド

三菱UFJ国際-<購入時手数料無料>日本応援株ファンド(日本株)
三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)
三菱UFJ国際-eMAXISプラス コモディティインデックス
三菱UFJ国際-eMAXIS新興国リートインデックス
三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス
三菱UFJ国際-eMAXIS新興国債券インデックス
三菱UFJ国際-eMAXIS全世界株式インデックス
三菱UFJ国際-ワールド・リート・オープン(毎月決算型)
ニッセイ-ニッセイ日経225アクティブファンド
SBI-SBIグローバル・ラップファンド(安定型)
SBI-SBIグローバル・ラップファンド(積極型)
SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)
SBI-ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド
SBI-SBIインド&ベトナム株ファンド
スパークス-スパークス・新・国際優良日本株ファンド
スパークス-スパークス・少数精鋭・日本株ファンド
ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイグローバルリートインデックスファンド
ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国債券インデックスファンド
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド
ニッセイ-ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)
ニッセイ-ニッセイ健康応援ファンド
ニッセイ-ニッセイ安定収益追求ファンド (愛称:みらいのミノリ)
レオス-ひふみプラス
三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)
三井住友TAM-SMT JPX日経インデックス400・オープン
三井住友TAM-SMT J-REITインデックス・オープン
三井住友TAM-SMT グローバルREITインデックス・オープン
三井住友TAM-SMTグローバル株式インデックス・オープン
三井住友TAM-SMTグローバル債券インデックス・オープン
三井住友TAM-SMT国内債券インデックス・オープン
三井住友TAM-SMT インデックスバランス・オープン
三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
三井住友TAM-世界経済インデックスファンド(株式シフト型)
三井住友TAM-世界経済インデックスファンド(債券シフト型)
朝日-朝日Nvestグローバル バリュー株オープン
野村-野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型 (愛称:Funds-i外国株式・為替ヘッジ型)
野村-野村インデックスファンド・外国債券・為替ヘッジ型 (愛称:Funds-i外国債券・為替ヘッジ型)
野村-野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 (愛称:Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型)

入金日

2016年2月下旬(予定)

投信積立キャンペーンに参加するにあたっての注意点

インターネットコースの方限定のキャンペーン

インターネットコース限定のキャンペーンですので、。ダイレクトコース、IFAコース、対面コース等のお客さまはキャンペーン対象外となります。

NISA対象外

NISAは対象外になっていますので、特定口座や普通口座で積立設定するように気をつけましょう。間違ってNISAで積立設定してしまうとキャンペーン適用外となってしまいます。

積立設定で全額発注されなかった場合

新規・増額設定分を2ヵ月連続で約定したものの、減額・余力不足などで全額発注されなかった場合、2ヵ月のうち約定金額が低い月の金額を新規・増額設定分とみなされます。余力は余裕を持っていれておきましょう。

積み立てる投資信託を選ぶ

こういうキャンペーンでのキャッシュバック狙いで投資信託を積み立てようと思う場合、できるだけリスクが少なく安定している銘柄を選びたいものです。

株よりも債券の方が値動きが少なく、更に、海外債券よりも国内債券の方が値動きが少ないわけですから、今回は国内債券を積み立てようと思います。

キャンペーン対象の国内債券投資信託は何があるかというと

  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
  • 三井住友TAM-SMT国内債券インデックス・オープン

いずれも信託報酬が安いことで知られている銘柄です。

それぞれの信託報酬などの費用を見てみると

ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
信託報酬 (税込)/年 0.3348%以内
信託財産留保額  なし
解約手数料(税込) なし

三井住友TAM-SMT国内債券インデックス・オープン
信託報酬 (税込)/年 0.3996%
信託財産留保額 0.05%
解約手数料(税込) なし

ということで、両者を費用面で比較したところ、信託報酬も信託財産留保額もニッセイ国内債券インデックスファンドの方が安いので、今回はニッセイを積立設定したいと思います。

積立設定方法

tumitate1030

まずは銘柄を検索します。

SBI証券にログイン後、投資信託のタブを開いて、積み立てたい投資信託名で検索します。

tumitate10301

該当の検索結果が表示されましたらファンド名をクリックして選びます。

tumitate10302

銘柄ページ右上の「積立買付」ボタンより、積立設定ページに進めます。

tumitate10303

目論見書・補完書面等を閲覧後、「同意して次へ」で画面を進みます。

tumitate10304

預かり区分を選択しますが、先ほども書いたようにNISA口座では今回のキャンペーンは対象外になってしまいますので、「特定預り/一般預り」を選びます。

積み立てる金額ですが、今回の積立金額の上限は10万円でとなっています。

申込日を入力します。

取引パスワードを入力し「設定確認画面へ」をクリックします。

tumitate10305

内容を確認し、「設定」へすすみます。

キャンペーン対象となる取引

tumitate10306

キャンペーン対象となる取引は2回です。

同一の銘柄を2ヶ月連続で(1ヵ月に1度、計2回以上)積立発注・約定すればOKですので、その後積立設定を解除してもOKです。

積立設定の解除方法は

tumitate10302

銘柄ページ右上の「積立買付」をクリックし

tumitate10307

「解除」をクリックして画面に沿って手続きすると、積立設定を解除できます。

雑感

アメリカの利上げが12月以降になったので、債券市場は12月までは落ち着いているとの判断で今回国内債券にしました。

2回の買いつけが終わったら、積立設定を解除するつもりです。

今回は10万円が上限ということで、10万円で設定し3,000円を狙います。利回りにすると2回の買いつけ20万円で3,000円のバックですから、1.5%の利益。結構大きいのではないでしょうか。

※当たり前のことですが、投資信託は価格変動リスクがあります。キャンペーン目的で購入して、その後投信が下がりキャンペーンのキャッシュバック以上に損をしたとしても、当サイトでは一切責任は取りません。投資は自己責任でお願いします。

わたしがメインで利用しているSBI証券では口座開設キャンペーンも実施されています。

詳細は下記のバナーをご確認ください。

シェアする

フォローする

SBI証券の投信積立キャンペーンに参加して現金3,000円を狙ってみる
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!