家計の中の細かい固定費も見直そう

節約に着手するときは、大きな固定費から節約するというのが効果が高いです。

家賃の安いところに引っ越したり、車を処分したり、保険の見直しをしたり、通信費では格安SIMなどを利用する方法が主流でしょうか。

大きな固定費の見直しが終わったら、小さな固定費も見直してみましょう。

数百円、数千円とそれほど大きくないお金でも、塵も積もれば山となる。

毎月数百円の支出でも、長期間に渡って支払う期間が長い支出はトータルで見ると意外と大きな支出になる場合があります。

例えば、

  • 携帯電話の有料コンテンツやオプション
  • 銀行の手数料
  • オンラインゲームの月額費用
  • JAFの利用料
  • あまり利用していないクレジットカードの年会費

このようなものを集めただけでも月々数千円違ってきます。1ヶ月に2,000円節約できれば、1年間で24,000円、10年間で24万円の節約になります。

携帯電話の有料コンテンツやオプション

携帯電話の有料コンテンツやオプションを利用されている方もいるかもしれません。最初は必要だと思って加入したものの、内容をよく理解していないもの、あまり使っていないものは、見直しの対象にしましょう。

銀行の手数料

自分が預けたお金を引き出すにも、時間帯によっては、また引き出し場所によっては手数料がかかる場合があります。

銀行によってはランクがあり、月に○回まで引き出し手数料無料などのサービスが提供されていますので、せめて自分が利用しているメインバンクの手数料形態がどうなっているかは確認しておくべきです。

また、振り込み手数料に関しても工夫次第で節約できます。

わたしの場合は住信SBIネット銀行を利用しています。ランク制度ができたので、ライトユーザーにとっては以前よりは改悪されていますが、ランク2であれば今までとほとんど変わらない条件で利用できます。

毎月どこかに振込みをしている方は、ぜひ利用している銀行のサービスを確認してみてください。

オンラインゲームの月額費用

使っていないオンラインゲームの月額費用をそのまま惰性で支払っていることはありませんか?

解約するのが面倒だったりもするかもしれませんが、使わないものに継続してお金を支払うのは勿体無いですね。

JAFの利用料

親の勧めでJAFは必ず加入した方がいいというので、言われたまま車に乗り出してからすぐに加入しました。

けれども、わたしが加入している自動車保険にはロードサービスが無料でついていて、サービスが重複しているのではないかと調べてみたんです。

これは、すべての方に当てはまるというわけではなく、

中身を知らずに加入しているものはないですか?

内容が重複しているものがないか確認しましょう!

ということです。

わたしの場合、JAFと自動車保険のロードサービスはサービスが重複していたので、JAFを解約しました。

あまり利用していないクレジットカードの年会費

初年度は無料で次年度から年会費がかかるクレジットカードを利用していたりしませんか?

年会費をペイできるほど利用しているのであれば問題ありませんが、ほとんど使っていないのに年会費を払っているのは賢くありません。

わたしも、1枚年会費がかかるクレジットカードを利用していましたが、以前は利用していたものの、最近はほとんど利用しなくなったので思い切って解約しました。

年間1,000円程度ですが、無駄なものにお金を支払う必要はありません。

まとめ

  • 小さなお金でも、支払う期間が長いものは総額が大きくなる
  • 以前は必要でも、現在は不必要になっているものは整理しよう
  • サービスの内容がよくわからずに加入しているものは、内容の確認からはじめよう
  • 惰性でお金を垂れ流さない

今回紹介した以外にも、毎月では少額でも長期間支払うものは固定費の削減の余地アリです。皆さんも探してみてくださいね。

シェアする

フォローする

家計の中の細かい固定費も見直そう
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!