個人向け国債変動10年(第51回)の3回目の利子

募集期間 平成26年6月5日(木)~6月30日(月)
発行日 平成26年7月15日
利率(年率) 適用利率の算式「基準金利×0.66」
利子計算期間 基準金利 適用利率
(税引前) (税引後)
H26.7.16~H27.1.15 0.61% 0.40% 0.3187400%
H27.1.16~H27.7.15 0.47% 0.31% 0.2470235%
H27.7.16~H28.1.15 0.45% 0.30% 0.2390550%
H28.1.16~H28.7.15 0.32% 0.21% 0.1673385%
基準金利の決定月 毎年6月及び12月(年2回)
利払日 毎年1月15日及び7月15日(年2回)
償還期限 平成36年7月15日
募集の価格 額面金額100円につき100円
償還金額 額面金額100円につき100円

今回が税引前適用金利が0.30%だったのに対して次回はなんと0.21%です。

個人向け国債変動 10年(第51回)購入で得た利益

日付 金額 備考
2014/7/15 1,000円 SBI証券個人向け国債キャンペーン
2015/1/15 797円 利子
2015/7/15 619円 利子
2016/1/15 599円 利子
合計 3,015円

雑感

とにかく金利が低いです。税引前で0.21%なら、オリックス銀行のeダイレクト預金の2週間定期(0.20%)でもいいくらいです。

国内債券を買うなら変動10年が絶対にいいと絶賛されていた割には、今の金利水準だと旨みが全くありません。
以前は、ネット銀行の定期預金1年ものよりも変動10年の方が利率が高かったですが、今はさほど変わらないかむしろ個人向け国債変動10年の方が低いです。
インフレにも対応しているといっても、流通利回りに0.66をかけた利率になるので、以前の計算方法の方が金利が上がったときは有利でした。
50万円だけなのでとりあえず寝かせておこうとは思いますが、いざ金利が上昇に転じた時には解約も視野にいれておきたいと思います。
今は個人向け国債を購入するメリットがあまりないように思えるのはわたしだけでしょうか?
節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>