年末年始にかかった交際費の合計額が多すぎて驚いた、突然の支出にも困らない家計作りを目指そう

年末年始はやはり交際費がかかります。特に主人の仕事関係の支出が今年は多く、諭吉がヒラヒラと飛んでいくのに驚きます。

今年の年末年始にかかった交際費を集計してみた

今年の年末年始にかかった交際費の内訳を集計してみると

  • 慰安旅行 6万円(うち小遣い1万円)
  • 親戚のお年玉 1万1千円
  • 忘年会 6千円
  • 新年会 7千円
  • 新年会 4千500円
  • 送別の記念品 3千円

合計 91,500円

ふっ、

高すぎて泣けてくるぜ…。

慰安旅行について

今年の慰安旅行の費用は本当に高かったです。1泊2日で5万円ってどんなに豪華な旅館に泊まったんでしょう?

ちなみに、国内旅行です。

去年も一昨年も2・3万円で済んでいましたが、今年は予想外にも費用が多くて驚きました。

会社の慰安旅行ということで、会社からも補助金がでて更に手出しが5万円って…。

と、金額の大きさに愚痴しかでてきませんが、会社のお付き合いなので行かないわけにもいきませんよね。

心の中で「これは仕方のない支出、もっと出世してもらうためには上司とのコミュニケーションも大切。」

と、自分で自分に言い聞かせています。

他の会社の方の慰安旅行の自己負担ってどれくらいなんでしょうか?

突然の支出にも困らない家計作りを目指そう

予定外の支出があるということは、生きていればもちろんあります。

結婚式の出席や、今回のような予定されていた交際費でも金額が高額になってしまった場合など。

では、そういった突然の支出に対して、家計管理を行ううえでどのような対策がとれるでしょうか。

まず、将来に対して発生するライフイベントを目的とした貯金と、突発的に発生する支出に対する貯金は分けています。

将来に対して発生するライフイベントというのは、教育資金や老後資金、車購入資金などです。

この将来に対して発生するライフイベントの貯金を取り崩すことがないように、突発的に発生する支出に関しては、別の財布を持つということが大切です。

なぜ、別の財布にしているかというと、一度大きな金額を取り崩してしまうとずるずると支出が拡大してしまうことが多々あるからです。

家計管理が上手な方はそういったことがないかもしれませんが、わたしはあまり家計管理が得意ではありません。

自分の性質を理解して、どうやったら「ついつい支出が拡大してしまった」ということを防げるのか、仕組みを作ることが貯蓄に繋がっています。

要するに突発的な支出用の貯金口座を用意しよう

突発的な支出があっても動じない家計を作るために、1番簡単な方法は突発的な支出用の貯金口座を準備することです。

毎月一定額をそこに貯蓄しておいて、今回の場合のように臨時支出が発生した場合はそこから取り出します。

そうすれば、ライフイベント用に用意した貯金に手をつけずに済みますし、精神的にも「せっかく貯めたのにお金が減っちゃう!」という心の負担の軽減にもなります。

雑感

それにしても、主人の会社はセレブっているというかなんというか、慰安旅行も飲み会の会費も一般的な金額よりも高いと思うのはわたしだけ?

シェアする

フォローする

年末年始にかかった交際費の合計額が多すぎて驚いた、突然の支出にも困らない家計作りを目指そう
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!