2017年から変わる医療費控除を予習しておこう

所得税や住民税の計算のときに控除される控除項目に医療費控除というのがあります。

その医療費控除ですが、2017年から制度変更があり、「セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除」というのが新しくできます。

ニュースなどでも話題となっていましたが、少しでも税金は安い方がいいので、今回はこの医療費控除についてみてみましょう。

まずは現行の医療費控除について確認する

まずは、現行の医療費控除についてみてみましょう。現在の医療費控除は年間にどれくらい医療費を支払うと控除になるか確認してみると

 医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

  1. (1) 保険金などで補てんされる金額

    (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

    (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

  2. (2) 10万円 (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

上記のように計算されます。

例えば、その年の医療費を20万円支払いし、10万円保険金がおりた場合、医療費控除の対象となる金額は10万円。

その年の総所得金額が200万円以上の場合は

10万円ー10万円(2)=0円

ということで、医療費控除は受けられませんでした。

医療費控除という仕組みは知っていたので、我が家でも医療費の領収書などは毎年保管しています。しかし、なかなかハードルが高くて今まで1度も受けたことはありません。

そんな医療費控除ですが、税改正がありまして2017年からはハードルが下がるとニュースになっていました。

2017年の医療費控除はどう変わる?

2017年から変わる医療費控除。その制度の内容を確認してみましょう。

セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除 (医療費控除の特例)の創設

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維 持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成 29 年1 月1日から平成 33 年 12 月 31 日までの間に、自己又は自己と生計を一にする 配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払っ た場合において、その年中に支払ったその対価の額(保険金、損害賠償金その -14- 他これらに類するものにより補塡される部分の金額を除く。)の合計額が1万 2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超え る場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する

(注1)上記の「一定の取組」とは、次の検診等又は予防接種(医師の関与があ るものに限る。)をいう。

① 特定健康診査 ② 予防接種 ③ 定期健康診断 ④ 健康診査 ⑤ がん検診 (注2)

上記の「一定のスイッチOTC医薬品」とは、要指導医薬品及び一般用 医薬品のうち、医療用から転用された医薬品(類似の医療用医薬品が医療 保険給付の対象外のものを除く。)をいう。

(注3)本特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除の適用を受けること ができないい。

https://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2016/20151224taikou.pdf

つまり、平成 29 年1 月1日から平成 33 年 12 月 31 日までの間、医療用医薬品から転換された市販薬の購入代金が1万2000円を超えると、控除できるようになるということです。

対象になる人ってどういう人なの?

平成28年の税制改正大綱には、先ほど記載したように

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維 持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人

という記載があります。更に、

上記の「一定の取組」とは、次の検診等又は予防接種(医師の関与があ るものに限る。)をいう。

① 特定健康診査 ② 予防接種 ③ 定期健康診断 ④ 健康診査 ⑤ がん検診

我が家の場合は、主人が会社で健康診断を受けているので対象になるのかな。

一定のスイッチOTC医薬品って何?

ここででてくる聞きなれない言葉、スイッチOTC医薬品と言うのは何でしょう?

スイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品及び一般用 医薬品のうち、医療用から転用された医薬品を指し、風邪薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬などをいいます。

とりあえず、薬局で薬を購入したら領収書は保管しておいた方がいいですね。

控除額はどれくらいになるの?

合計額が1万 2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超え る場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除するとあります。

例えば、1年間の支払った医療費が3万円の場合は、1万2千円を差し引き1万8千円が控除の対象になります。

ただし、年末調整ではなく確定申告が必要になるので、少々面倒ではありますね。

現行の医療費控除は併用できない

現行の医療費控除は、所得が200万円以上の場合医療費が10万円を越えた部分に対して税控除が受けられます。

セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除の場合は、年間の支払いが1万2千円~8万8千円まで。

つまり、医療費の合計高額になった場合は、現行の医療費控除にした方がお得な場合がありますので、金額に応じて使い分けましょう。

まとめ

  • 薬を購入したときは領収書をとっておこう
  • 1年間の医療費が1万2千円を超えた場合は確定申告すると税金が戻ってくる(平成 29 年1 月1日から平成 33 年 12 月 31 日までの間)
  • 医療費の合計額が高額になった場合は現行の医療費控除の方がお得な場合があることを覚えておこう
  • 税制は知らないと損をするのでアンテナを張っておこう

シェアする

フォローする