支出のコントロールを身につけるための考え方

貯蓄を増やすためには

  • 収入を上げる
  • 支出を増やす
  • 投資をして運用利回りを上げる

この3つの要素が基本となっています。

これを数式にすると

資産形成=収入ー支出+(資産×運用利回り)

よくいわれていることなのでご存知の方も多いと思います。

もし、借金があるのであれば、

資産形成=収入ー支出+(資産×運用利回り)ー(負債×運用利回り)

こうなりますね。

つまり、収入を上げ、支出を減らし、運用資金が豊富にあり運用利回りが高く、負債が少ない家庭ほど資産形成が加速していくということです。

しかし、現在の日本では努力をしたからといって収入がそれに見合って上がっていくかといえば一概には言えず、運用をしたからといって必ずしも利益が出るともいえません。

一番確実で簡単な方法は、支出を減らす。

資産形成を行うに当たって、一番最初に取り掛かりたいのはこの支出部分で間違いありません。

では、この支出を減らすという部分で、どのような考え方をすれば効果的なのかをまとめてみました。

支出のコントロールを身につける

目標としたいのは支出のコントロールを身につけることです。

支出のコントロールに相性がいいのが「シンプルライフ」。

最近、主婦雑誌や節約雑誌などでも注目を集めていて、モノを少なくシンプルに暮らすことで、必要なモノを見極めましょう。という考え方を基にしています。

わたしもこのモノを持ちすぎない暮らし、足るを知るということに気づいてから、多くのモノを持つ生活を求めるのではなく、モノを持たない身軽さが気に入っています。

保険の見直しをしたときにFPさんがおっしゃっていたのが

「3,000万円の家を買った方のところに話を聞きにいったら、そこの家庭は10万円しか貯金がない」とおっしゃっていました。

人から見れば、戸建てを購入し、車を2台持ち、子供を2人持ち、裕福そうに見える家庭でも、中身はそうではないことが多々あるようです。

身の丈にあった支出コントロールを身につけ、分相応の暮らしをする、まさに「足るを知る」ことの重要性を改めて認識させられました。

また、節約、節約というと、ストレスが貯まるのではないかと思われる方もいらっしゃいますが、それが当たり前になってしまえばそれほど苦ではありません。

うちは狭い賃貸住宅ですが、この狭さも今では快適に思えています。

他のシンプルライフを送っていらっしゃるブログを読んでみると、2LDKに2人で住んでいるけれども、1部屋全く使っていないので1LDKに引越しをする、という方がいらっしゃいました。

また、戸建てに住まわれている年配の方が、夫を亡くされた後に家を処分し、自分は1LDKの小さな住まいに住みかえをされたとか。

また、知り合いも、2階建ての戸建てに住んでいたけれど、子供たちが巣立って2階を全く使わなくなった、年をとったので階段を上るのがきつい、という理由で減築された方もいらっしゃいます。

大きな家を持つことは誰しも憧れるものですが、ライフスタイルの変化によってそれが重荷になる場合もあるような気がします。

最近、平屋の戸建てが注目を集めていますが、そういった理由もあるのでしょうね。

人が持っているからという理由で買わない

人が持っているからという理由で買うことも多かったのですが、最近はそれをしなくなりました。

確かに、周りが持っていれば欲しくなる気持ちもわかりますが、本当に必要なものなのかきちんと整理するということが大切です。

例えば、我が家であれば、子供に携帯電話を持たせるかどうか。

今の中高生の携帯電話の所持率は非常に高く、ベネッセの調査によると中学生が5割、高校生が9割と昔とは比較にならないほど携帯電話が普及しています。

参考:第1節 携帯電話の利用の実態

うちの子も、周りが持っているから携帯電話が欲しいといっていますが、携帯電話を持たせることのメリット・デメリットを精査し、夫婦で話し合った結果、まだ持たせないことに決めました。

周りがお金持ちかどうかは見た目ではわからない

多くのモノを持っている人がお金持ちに見える人がいます。うちの主人もそうですが、「○○さんが家を買った、お金持ってるな~」「○○さんが車を買った、お金持ってるな~」なんてことをよくいいます。

わたしも昔はそう思っていたのですが、実際に蓋を開けてみるとそうでもないことが多いですね。

家を買った人の話を詳しく聞いてみると、全額住宅ローンを組んでいたり、車を購入した人に聞いてみると頭金は少しだけでカーローンを組んでいたり。

それは、一番最初に書いていた式でいうと、負債の部分に当たります。

負債の部分が多ければ多いほど、資産形成は遠のいてしまうことに気づいているでしょうか。

ローンで購入するのが悪いとはいいませんが、住宅以外は現金払いの方が好ましいですし、住宅ローンに関しても10年以内に返済できる額にすることで、破綻リスクを回避できるのではないでしょうか。

たまに、住宅ローンは団信に入っているから問題ないという方がいらっしゃいますが、わたしの知り合いで脳梗塞で倒れて働けなくなった方がいます。

体の一部に障碍がでて、障碍者手帳2級を取得したのですが、団信がおりずに住宅ローンがそのまま残ったんですね。

こういったケースでは、頭金を多く入れておくか、繰り上げ返済をしておくか、現金をたくさん持っていないとすぐに債務超過に陥り、生活が立ち行かなくなってしまいます。

必要なことにはお金を使う

すべてを小さくしてしまうというのも、またバランスが悪いです。必要なものにはお金をかけ、そうでないものはコンパクトに。

FPの横山氏の著書の中で紹介されていたように

同僚と愚痴をいうだけの飲み会よりも、上司との飲み会で人生や仕事に対する姿勢を学ぶのであれば交際費も有効なものとなる

といったようなことが書いてありました。

同じ飲み会でも、必要なものとそうでないものとの区別をつける、自分の将来を伸ばすための支出は無駄遣いとはいわない。

そういった支出のコントロールをするのは大切です。

まとめ

  • 資産形成は支出のコントロールがベースとなる
  • 足るを知る
  • 資産・負債・総資産のバランスを考える

シェアする

フォローする

支出のコントロールを身につけるための考え方
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!