コツコツするのも嫌いじゃない、我が家のコツコツ貯金の話

貯金や節約をするというと、どうしても苦労して貯めているのではないかと思われるかもしれません。

わたしも最初の頃は、こんなに頑張っているのに結果がうまくついてこない、家族が贅沢を言うなどと思っていました。

けれども、最近は少し心に余裕がでてきたというのもあり、「節約は楽しくやろう」「我慢しなくても貯まる仕組みを作ろう」などとポジティブ発想へ転換してきています。

コツコツするのも嫌いじゃない、我が家のコツコツ貯金

子供の学資保険の通帳は、以前主人に預けて管理を任せていました。

どういうお金の流れになっているかというと、

  1. 給料日に1万円入金される
  2. 7,190円学資保険で引き落とされる
  3. 差額、2,810円が残る

しかし、通帳を見てみると、その差額2,810円がいつの間にか主人のお小遣いとして消えていました。

使えるお金があればすべて使ってしまう主人、小遣いは小遣いとして渡しているので、勝手に小遣いにしてはいけません。

ということで、わたし管理となりました。

わたしの場合は予算の範囲内でやりくりしますし、予備費も用意していますので子供の学資保険から引き出すことは一切しません。

というよりも、暗証番号すら知りません。

ただ、通帳を預かっているだけです。

すると、1万円と学資保険の引き落としの金額が少しずつ貯まっていきます。

塵も積もれば山となるといいますが、山にはなりませんけれど、少しばかりまとまった金額になってきました。

1ヶ月2~3,000円でも、長い時間をかければ貯まっていくんですね。

FullSizeRender

学資保険の支払いは少しでも安くしたかったので月払いから年払いへ変更し、通帳残高はこんな感じになっています。

まとめ

  • あればあるだけ使ってしまう人は隠してしまうのが吉
  • 自動振り替えにして貯金していることは忘れてしまおう
  • 小さな金額でも時間をかければ大きくなる

関連記事

シェアする

フォローする

コツコツするのも嫌いじゃない、我が家のコツコツ貯金の話
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!