我が家は教育費も身の丈暮らし

高校受験を控えていますが、子供は相変わらずマイペースで全く焦っている様子もなく、まったりと過ごしています。

いよいよ明日は私立の受験日。

こんな感じで大丈夫なのでしょうか。

我が家は教育費も身の丈暮らし

さて、受験生といえば塾にお金がかかります。

知り合いの話を聞くと、塾代にかかる毎月の費用はなんと5万円。その他にも夏期講習や冬期講習などが別途かかっているそうです。

進学塾の相場というのはそんなに高いものなのかと驚いてしまいました。

2010年度「子どもの学習費調査」によると、公立中学に通う生徒1人あたりにかかる塾や家庭教師などの補助学習費は、47%が20万円以上、18.6%が10万円以上20万円未満、29.9%が1円以上10万円未満でした。

年収1200万円以上の家庭は34万1千円。

こんなところにも格差があるのですね。

正直いって、我が家の家計からは毎月5万円もする進学塾はかなり厳しいです。

どうしても行きたいというのであれば、パートにでもでようかと思っていましたが、うちの子供が選んできた塾は個人塾。

同級生から誘われたということで、本人が選んできた塾に現在通っています。

月謝は2万円程度。

週に2・3日ほど授業があり、その他の日は自習ということで塾に通っています。

人は人、うちはうち。

我が家は教育費も身の丈です。

お金をかけたからといって成績があがるわけではないのね

うちの子は、わたしの子なのでそれほど成績がいいわけではありません。残念ながら。

成績は真ん中くらいです。

塾に行きだして成績が少しでも上がってくれればと願っていましたが、塾にいこうがいくまいが大して変わらない成績。

お金をかけたからといって、成績があがるわけではないのですね。

本人にやる気がもう少しあればと思うのですが、親が「勉強しなさい」といったところでやる気がでるわけでもなく、周囲が受験モードになっていても我関せず。

明日が試験なのよ~!!

まとめ

  • お金をかけたからといって成績に直結するわけではない場合がある
  • 教育費をかけすぎて、その後の進学費用が滞るのであれば本末転倒
  • 我が家は教育費も身の丈で

ひとりごと:高望みはいたしません。どこでもいいので本人が3年間通える学校に合格しますように。

シェアする

フォローする

我が家は教育費も身の丈暮らし
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!