オリックス銀行のeダイレクト定期預金も金利引き下げ

日銀のマイナス金利の影響が少しずつでています。住宅ローンの金利が軒並み引き下げられていますが、わたしが利用しているオリックス銀行のeダイレクト預金も金利の引き下げの連絡がありました。

オリックス銀行のeダイレクト預金金利

<eダイレクト2週間定期預金金利(50万円以上)>
2週間   0.15%(2月1日付け金利対比-0.05%)

<eダイレクト定期預金金利>
■スーパー定期(100万円以上300万円未満)
6カ月  0.15% (2月1日付け金利対比-0.05%)
1年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.05%)
2年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.10%)
3年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.15%)
5年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.20%)

■スーパー定期300(300万円以上1,000万円未満)
6カ月  0.15% (2月1日付け金利対比-0.05%)
1年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.05%)
2年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.10%)
3年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.15%)
5年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.20%)

■大口定期(1,000万円以上)
6カ月  0.15% (2月1日付け金利対比-0.05%)
1年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.05%)
2年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.10%)
3年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.15%)
5年   0.20% (2月1日付け金利対比-0.20%)

※2016年2月8日現在の預金金利です。
※金利は税引前の年利率であり、お利息には20.315%(国税15.315%(復興所得税含む)、地方税5%)の税金がかかります。

1年から5年定期でも0.20%の一律となってしまいました。

通常であれば、年月が長い定期預金の方が金利が高く設定されるのですが、日銀のマイナス金利で国債金利のイールドカーブは下に押し下げらてしまいました。

国債10年の2016年02月05日 引値は0.025%。

オリックス銀行のeダイレクト定期預金は国債10年の金利よりも高く設定されているので、まだ高いほうです。

さて、日銀の黒田総裁の発言によると、マイナス金利幅をさらに拡大する可能性について

「その可能性も当然否定しない」

といっています。

スイス中銀では、中銀預金金利マイナス0.75%。日銀のマイナス金利は現在0.1%ですからまだまだ下げ余地はあるかもしれません。

これだけ金利が低いと定期預金にする必要性があるのかかなり微妙な感じになってきましたが、株や投資信託は年初から下落傾向。

今、投資に資金を振り替えようとは考えていません。

雑感

わたしのような庶民にできることは、

「あ~、金利下がっちゃったね。」というくらいかな。

シェアする

フォローする

オリックス銀行のeダイレクト定期預金も金利引き下げ
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!