中学3年生の児童手当はいつまでもらえるの?と今回もらった児童手当を全額貯金で貯まった金額

中学3年生の児童手当はいつまでもらえるのでしょうか?

まずは、児童手当の制度がどうなっているか確認してみましょう。

児童手当の制度

支給対象 中学校終了までの国内に住所を有する児童(15歳に到達後の最初の年度末まで)

所得制限(夫婦と児童2人) 所得限度額(年収ベース)960万円未満

手当月額

0~3歳未満 一律15,000円
3歳~小学校終了まで 第1子、第2子:10,000円(第3子以降:15,000円)
中学生 一律 10,000円
所得制限以上 一律5,000円(当分の間の特例給付)

支給期月 毎年2月、6月および10月(各前月までの分を支払)

中学3年生の児童手当はいつまでもらえるの?

支給対象を見てみると

中学校終了までの国内に住所を有する児童(15歳に到達後の最初の年度末まで)

15歳に到達後の最初の年度末まで、つまり中学3年生の3月分までもらえます。

最後の支給は、中学を卒業後の6月に3月分の1か月分が支給されます。

今回もらった児童手当を全額貯金で貯まった金額

子供が2人いて、上の子の教育資金はすでに貯まっていますので、現在は下の子の教育資金を貯金中です。

今回もらった児童手当8万円はそのまま全額貯金へ。

合計額は、1,017,624円となりました。

児童手当を右から左にそのまま貯金するだけで、結構まとまった金額になってきます。

我が家の教育資金の作り方

  • 臨時収入は全額貯金
  • 貯金したことは忘れよう
  • 将来使う目的があるものは減らさないことが大切なので投資には充てない

シェアする

フォローする