専業主婦のネット収入を雑所得で確定申告

今はネットでお小遣いを稼いでいる主婦の方も多いと思いますが、わたしもそのうちの一人です。

たいした金額ではありませんが、専業主婦だと年間所得が38万円を超えると所得税がかかります。

ということで、今回は確定申告をはじめてやってみました。

専業主婦のお小遣い稼ぎ、確定申告の種類は何を選ぶ?

確定申告の方法としては3つあり、青色申告・白色申告・雑所得とあります。

青色申告と白色申告は事業届けを税務署に提出している人が対象となり、青色申告にすると65万円の控除が受けられるという特典があります。

わたしの場合は金額も少ないですし、事業としてやっているかというとそうでもありませんし、今年は雑所得で提出しようと思います。

ネットで確定申告書を作成する

今は税務署にいかなくてもネットで確定申告書を作成することができるんですね。ネットで確定申告書を作成して郵送すればわざわざ税務署に行く必要もありません。

面倒くさがりやなので、郵送で済ませてしまおうと思います。

では、確定申告の手順を。

まずは、平成27年分 確定申告特集|国税庁のページにアクセスします。

kakutei1

今回はパソコンで確定申告書を作成するので「確定申告書コーナー」へをクリックします。

kakutei2

作成コーナーの「申告書・決算書・収支内訳書等作成開始」をクリックします。

kakutei3

今回は書面で郵送にて手続きしますので「書面提出」をクリックします。

kakutei4

申告書等印刷を行う際の確認事項を確認してチェックを入れて画面を進めます。

kakutei5

平成27年分 所得税の確定申告書作成コーナーの「所得税コーナーへ」をクリックします。

kakute6

入力方法選択の画面は右側の「左記以外の所得のある方」の作成開始ボタンをクリック。

kakute7

提出方法は「確定申告書等を印刷して税務署に提出する」を選び

申告の種類の「はい(青色申告の承認を受けている)」はチェックなし

生年月日を入力して次へ

kakutei7

所得の種類は雑所得のその他の入力するをクリックします。

kakutei8

収入を入力していきます。

種別ですが、アフィリエイトの広告収入の場合には「広告収入」アンケートサイトの場合は「アンケート」、ポイントサイトの場合は「ポイント」と入力しました。

名称は企業名を正式名称で入力します。

場所には企業の所在地を入力します。

これが結構件数が多いと面倒なところではありますね。

必要経費に関しては、

必要経費の合計額を計算済みの場合は、一番上の必要経費欄に合計額を入力していただいても差し支えありません。

と書かれてあるとおりに一番上にまとめて合計額を入力しました。

その他、保険料控除や寄付金控除を受ける場合は入力が必要になりますが、わたしの場合は特にありませんので、住所などの情報を入力して入力は簡単に終わりました。

kakutei9

印刷する画面では添付書類がある場合は添付書類台紙も印刷しますが、わたしの場合は必要なかったのでチェックをはずして印刷。

確定申告書に捺印して、とりあえず書類は揃いました。

提出書類などのチェックシートに提出先の税務署の住所などが記載されているので、封筒に書いて、提出書類が揃っているかどうかチェック。

あとは郵送すれば完了です。

雑感

雑所得の場合は、収支報告書なども必要ありませんし、帳簿の記入義務もありませんから楽です。

たまに、ネット収入ぐらいバレないだろうと確定申告と納税をサボる方もいらっしゃるようですが、こういうのはきちんとやっておいたほうがいいです。あとから修正申告や追徴課税が来る方が面倒です。

また、専業主婦の場合は夫の配偶者控除を受けていますが、合計所得が38万円を超えると配偶者控除の対象からはずれてしまう場合、夫側の修正申告が必要です。

配偶者控除がはずれても特別配偶者控除は受けることができます。

税金は、仕組みが複雑でわかりにくいものですが、きちんと理解することが大切ですね。

シェアする

フォローする