低金利で注目されている利回りの高いサービス

日銀のマイナス金利で普通預金の金利が0.001%と空前の低金利時代に入ってきました。

普通預金に100万円を預けても1年後に受け取れる利息はたったの10円。

これならタンス預金でもいいのではないかと、今、金庫の売り上げが上がっているそうです。

そんな低金利の時代ということもあり、今、利回りが高いサービスに注目が集まっています。

デパートの積立は利回りが10%以上

百貨店・デパートが行っている友の会。

どういう仕組みになっているかというと、毎月一定の金額を積立すると1年後の満期に、積立している金額の1か月分が上乗せされて、商品券またはプリペイドカードが受け取れるサービスです。

例えば、毎月3千円を1年間積み立てると36,000円の積立ですが、1か月分上乗せされて39,000円分の商品券が戻ってきます。

なおかつ、預金のように源泉されて税金が引かれることもありません。

ただし、商品券はそのデパート・百貨店でしか利用できないので、デパート・百貨店で買い物をする方に向いています。

デパートでお歳暮やお中元をご用意される方などには便利なサービスでしょう。

帰省にも使える旅行積立

デパートの積立と同じように、JTBやANA、日本旅行なども旅行積立という仕組みがあります。

デパートの積立よりも利率は落ちますが、1.5%から3%程度、旅行の積立金に上乗せされた旅客券が戻ってきます。

こちらも、旅行にしか利用できないので、毎年帰省をする人や、旅行好きの方におすすめです。

雑感

デパートなんてそんな高級なところには最近全く行っていない我が家。そんな高級品なんて10%以上の利回りがあったって手が出ないのが本音です。

旅行もここ数年は行っておらず、こういうサービスもお金持ちの人にはいいかもしれないけれど、我が家には縁遠い。

シェアする

フォローする

低金利で注目されている利回りの高いサービス
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!