nanacoで家財保険料を支払い、コンビニ払いはnanacoにクレジットチャージでポイント付与を狙う

賃貸住まいの家財保険料の請求が届きました。引き落としやクレジットカード払いにしていなかったので、コンビニでの振込用紙が届きました。

クレジットカードイメージ

クレジットカード払いにするとポイントがつくので、他の保険料の支払いはクレジットカードにしていたのですが、家財保険は2年に1度度の支払いなので支払い方法変更していなかったみたいです。

コンビニで税金や公共料金、国民健康保険料、国民年金などを支払うときはセブンイレブンのnanaco+クレジットカードを使った裏技を使うと、クレジットカードのポイントがついてお得というのはよく知られています。

わたしも、コンビニ払いで振込用紙のバーコードがついているものはできるだけnanacoを使うようにしています。

たった、1%前後の還元ですが金額が大きくなると1%でも大きいですものね。

ということで、今回もnanaco+クレジットカードで支払いをしてきました。

nanaco+クレジットカードを使って家財保険料を支払う方法

まずは、nanaco+クレジットカードの裏技について復習です。

通常、コンビニで保険料などを支払う場合は現金払いのみですよね。

ですが、nanacoカードにクレジットカードチャージを行い、セブンイレブンで支払いをすることで支払日はクレジットカードの引き落とし日になりますし、クレジットカードのポイントがつきます。

ここで注意することはnanacoで支払ってもnanacoのポイントはつきません。あくまでもクレジットカードチャージによってクレジットカードのポイントがつくということですね。

さて、この裏技を利用できるクレジットカードはいくつかありまして、同じクレジットカードでも国際ブランドが違うと対応していない場合があるので注意が必要です。

例えば、楽天カードであればVISAブランドはnanacoのクレジットチャージには対応していませんが、JCBブランドは対応しています。

リクルートカードであればVISA、JCBどちらでも利用できます。

参考:固定資産税をクレジットカード支払いする裏技

ちなみにわたしの場合は、楽天カードがVISAでnanacoのクレジットチャージは利用できないので、リクルートカード(ポイント還元率1.2%)を利用しています。

nanacoへクレジットチャージでチャージする方法はこちら

家財保険料払ってきました

今回の家財保険料は、2年分で9,680円。

今回はリクルートカードで1万円分チャージしました。

リクルートカードのポイント還元率は1.2%なので120円分のポイントが還元される予定です。

金額が少ないと微々たるものですね。

今回は、ポイントというよりも、今月は高校の入学金などを納めないといけないので、来月に支払いをまわすことができてよかったです。

シェアする

フォローする

nanacoで家財保険料を支払い、コンビニ払いはnanacoにクレジットチャージでポイント付与を狙う
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!