【悲報】リクルートカードプラスでnanaco、モバイルSuicaチャージでポイント付与対象外に

リクルートカードプラスで、nanacoやモバイルSuicaにチャージすると今まではリクルートカードのポイントが2%付与されていました。

クレジットカードイメージ

固定資産税や公共料金の支払いでnanacoカード+リクルートカードプラスで2%のポイントをGetしていた人も多いはずです。

そんなリクルートカードプラスですが、加算対象を一部改定するというお知らせが届きました。

【重要なお知らせ】リクルートカードプラスにおけるポイント加算対象の改定について

このたび、リクルートカードプラスは、ポイントの加算対象を一部改定することとなりました。

ご案内

2016年9月16日(金)より、電子マネー「nanaco」、「モバイルSuica」へのチャージ分については、ポイント加算の対象外となります。

  • 加盟店からの売上データが、2016年9月16日(金)以降にJCBへ到着した場合、2016年9月15日(木)以前のご利用であってもポイント加算の対象外です。
  • ポイント還元率2%、年会費2,000円(税別)は変更ございません。

なお、年会費無料のリクルートカード(JCB)は、サービスを継続するため、チャージ分もポイント加算の対象です。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

http://recruit-card.jp/info/20160304/info01/

2016年9月16日(金)からリクルートカードプラスでnanaco及びモバイルSuicaへのチャージでポイント付与が対象外となってしまいます。

これはリクルートカードプラスを利用している人にとってはとても残念なお知らせです。

また、「【重要なお知らせ】リクルートカードプラス、リクルートカードプラス家族カードの新規申込み受付停止についてhttp://recruit-card.jp/info/20160304/info02/」によると、リクルートカードプラス新規申込みおよび、リクルートカードプラスの家族カード申込みの受け付けを停止するというお知らせも。

リクルートカードプラスの受付は、2016年3月15日(火)午前11:59時点で、リクルートカードホームページ受付完了分。

リクルートカードプラス家族カードは2016年5月15日(日)までに、JCBにて受付完了分までとなっています。

雑感

ポイント還元率が高い漢方スタイルカードでは、nanacoチャージに限り還元率が0.25%に改悪されたのは記憶に新しいと思います。

今までnanacoチャージで漢方スタイルカードを利用していた人が、nanacoチャージの改悪に伴い、リクルートカードプラスに乗り換えた人も多かったのではないでしょうか。

そのリクルートカードプラスも今回改悪となり、nanacoチャージでポイント付与対象外となってしまいました。

リクルートカードプラスは年会費がかかりますがポイント還元率が2%と他のクレジットカードと比較すると還元率が非常に高いのが魅力的でした。

ただし、リクルートが出している年会費無料のリクルートカードは今まで通りnanacoチャージ、モバイルSuicaチャージでポイントが付与されます。

リクルートカードは年会費が無料でポイント還元率が1.2%なので還元率だけを考えるとnanacoチャージではリクルートカードが有利です。

リクルートカードのポイントはリクルートポイントとPontaポイントが交換できるようになって、少し幅が広がりましたが、それでもリクルートカードのポイントは使い勝手があまりよくないという評価の人も多いかもしれません。

いずれにしても、nanacoチャージでリクルートプラスが利用できないというのはとても残念なお知らせです。

シェアする

フォローする

【悲報】リクルートカードプラスでnanaco、モバイルSuicaチャージでポイント付与対象外に
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!