知らなかった!パソコン関連での学割アカデミックパック

学校進学を機に、パソコンの購入を検討されているご家庭も多いのではないでしょうか。

桜

わが家も子供の進学を機にパソコンを購入しました。

ですが、進学でただでさえ費用がかさむ時期なので、できるだけ出費は抑えたいもの。

少しでも安く購入できないかと、いわゆる学割なるものを調べていてたまたま見つけたのが、「アカデミックパック」です。

アカデミックパックというのは、学生や学校職員などを対象に格安の価格で提供されているサービスのことです。

どんなものがあるかというと、

  • アップルのパソコン
  • デルのパソコン
  • マイクロソフトのオフィス
  • アドビシステムズのアプリケーション

など、企業が学割を用意している場合があります。

普段割引されることがほとんどないMacのパソコンや、Excel・Wordなどが入ったOfficeが学割で購入できるのですから、ぜひ利用したいものです。

アップルのパソコン

アップルでは、公式サイトに学生・教職員向けのストアが用意されています。

ただし、アップルのアカデミックパックは

(Appleより引用)
対象者について
Apple Store for Educationでは、日本国内の以下対象の学生及び教職員の皆様に割引価格でご購入いただく事ができます。
大学生・専門学校生
上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒の父母が本人に代わり購入することを認めます
大学受験予備校に在籍する学生
小・中・高・大学・専門学校の教職員
PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

となっていますので、高校生の場合は大学、専門学校に進学確定の場合のみ適用となります。

アップルの学割は、MacのすべてのモデルとAppleCareだけではなく、AppleウォッチやiPad、アクセサリーまで対象となっていますので、対象の方はぜひ利用したいところです。

デルのパソコン

パソコンメーカーのデルでも学割でパソコンを購入することができます。

こちらの対象者は

対象資格
•高等学校、大学、専門学校の学生、またその学校に進学が決定した生徒
•大学受験予備校に在籍する学生
•小・中・高・大学・専門学校の教職員
*学校名の提示が必須となります。

となっていますので、アップルよりも幅広く学割が利用できます。デルのパソコンが通常価格よりも1,000円~10,000円ほど安く購入できます。

マイクロソフトのオフィス

マイクロソフトのオフィスでもアカデミックパックがあります。

対象は

教職員、学生・生徒・児童など、個人ユーザーを対象としています。本人が対象ユーザーであることを示す書類 (学生証・健康保険証等) を提示するだけで、マイクロソフト製品を特別価格で購入できます。

こちらは児童も対象となっていますので、かなり幅広く学割が利用できます。

購入場所は家電量販店ですが、ネットの方が安く売られていることが多いので、Amazonで購入される方が多いようです。

Microsoft Office Professional 2013 アカデミック [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)

資格取得を目指す方などはMicrosoft Officeが必要になる場合が多いでしょうが、使用用途によっては無料で利用できるOpen officeなどもありますから、目的別に合わせて購入を検討されるといいでしょう。

アドビシステムズのアプリケーション

PhotoshopやIllustrator、Premiere Pro など、アドビのさまざまなデスクトップアプリが定額制で利用できるAdobe Creative Cloudが学割で利用できます。

対象

学生価格でご利用頂ける対象は、13歳以上かつ以下に示す教育機関が提供する3ヶ月以上の課程に在籍する学生/生徒の方です。

・ 学校教育法に規定された教育機関
(中学校、高等学校、大学、高等専門学校、特別支援学校、専修学校、各種学校)
・ 職業能力開発法に規定された公共職業能力開発施設および職業訓練法人
・ 行政が運営する大学校のうち、学位が取得できる大学校

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これ以外にもいろんなところから「アカデミックパック」が提供されているようです。

皆さんも学割を探してみてくださいね。

進学で必要になるもの必要でないものは個々のご家庭や進学先で変わってきますが、少しでも費用を抑えられるといいですね。

シェアする

フォローする

知らなかった!パソコン関連での学割アカデミックパック
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!