高校進学でいくら用意したらいい?実際にかかった費用公開

うちの子も今春高校生になります。

最近、「小学校のランドセルが高すぎる」とか「中学の制服が買えずに登校できない」といった子供の貧困についてのニュースを見ると、うちはそれほど多くはありませんが教育資金が準備できていてよかったと、胸をなでおろします。

教育資金の300万円はこうやって貯めました
子供の教育資金は義務教育終了前まで、つまり中学校卒業前までに300万円から500万円が必要といわれています。1人あたりですから、子供が2人な...

ということで、今回は実際に受検~高校入学までにかかった費用をまとめてみました。

受検~高校入学までにかかった費用

私立高校受験料 12,000円 1校のみ受験
私立高校内金 20,000円
公立高校受検料 2,100円
公立高校物品購入 97,244円 教科書や制服など
公立高校入学金 105,000円
合計 236,344円

うちの場合は、私立はかなりレベルを下げたところを受験したので1校のみの受験でしたが、2校受ける場合は1校あたり1万数千円が必要となります。

公立高校の合格発表前に私立高校の内金を入れないといけないのですが、公立に合格したとしてもこの内金は戻ってきません。

公立高校だと、私立に比べて入学時は安くて、だいたい公立高校で20万円、私立高校で40万円程度みていればいいと思います。

高校入学にかかる費用
我が子も中学3年生になりました。3年生と言えば受験生。勉強に勤しんでほしいという親の思いを全く気にせず、部活に励んで楽しい学校生活を送ってい...

その他にかかる費用も準備しておこう

その他にかかる費用として、人によって必要になるかどうかは違ってきますが

  • 自転車通学するなら自転車
  • 自転車通学するなら自転車保険の加入
  • 公共の交通機関を利用するなら交通費
  • 授業で必要になるならパソコン

こういった費用もみておかなければいけません。

わが家の場合は自転車通学をするというので、自転車の購入と、パソコンを授業で使うというのでパソコンの購入も。

大きな金額がまだまだ動きそうです。

まとめ

子供が大きくなるとともに教育資金の支出が増えてきます。義務教育を受けているときが一番の貯め時といいますが、本当にその通りです。

子供が小さいうちから、小さな金額でも時間を見方につけて大きな支出に備えることが重要ですね。

シェアする

フォローする

高校進学でいくら用意したらいい?実際にかかった費用公開
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!