戸建てを購入してから30~40年後のリアルな経験談

家をそろそろ買おうかと思う30代の方も多いのではないでしょうか。わたしも、家が欲しいなと思いながら、戸建てがいいのか、マンションがいいのか、それともこのまま賃貸の方がいいのかとあれこれと考えたりしています。

といっても、資金が準備できている段階ではないので、ほぼ妄想の意気なんですけどね。

ところで、日本の家屋の寿命は30年程度だと一般的には言われています。

30年以上経過した家をどうしたのか?ということが気になったので、知人にヒアリングしてみました。

年金生活を送っている団塊の世代の方が購入して30年以上経過した家に住み続けているか、自分の将来と重ね合わせてみてみましょう。

ケース1 減築で住み続ける

状況

  • 子供は既に独立
  • 70代になってから足腰が悪くなり、2階の寝室に上がるのが億劫。1階にある和室で寝起きするようになりほとんど2階を使用しなくなった
  • メンテナンスは定期的に実施しており住宅の状態は良好

建物が広すぎて利用しない部屋や掃除などの手入れが行き届かなくなった場合、建物の面積を減らしてしまう「減築」という方法があるようです。

減築のメリットといえば

  • 2階を減築した場合、耐震性が向上する
  • 2階部分のメンテナンス費用が節約できる
  • 固定資産税の節約

などがあります。使わない壁にカビが生えてしまったなどもよく聞く話ですが、風を通すために2階に上がらなくて済むというのも1つのメリットですね。

ただし、これには資金力がある程度あるというのが条件になるようです。費用については個々の住宅の条件によって大きく異なるのもネックです。

ケース2 持ち家は賃貸に出しマンションに住み替え

持ち家を所有しているとリフォーム費用がやはりかさんできます。特に、外壁・屋根、更には水周りなどのリフォームを行うとかなり高額になるというのは安易に想像できます。

戸建てのメンテナンス費用として一般的に言われている金額は30年で300万円~500万円。

現役世代はいいですが、年金暮らしになってから、メンテナンス費用のまとまった金額を支出することが、どうしても難しくなるという方も多いようです。

状況

  • 持ち家は賃貸へ。ただし、知人に住んでもらっているため修繕費は負担しない約束になっている
  • 自分たちは子供と同居しマンションへ

賃貸に出すといっても大家になるとメンテナンス費用の負担しなければいけません。特に築30年を超える住宅だと、修繕費が高額になります。

この方のケースでは、修繕費を負担したくなかったという理由で、知り合いに住んでもらって「その代わりに修繕はしない」という約束になっているそうです。

修繕費の負担はかなりのものになりますから、その条件で住んでくれる人がいてよかったですね。

そして、自分たちは子供が購入したマンションで同居しています。マンションであれば戸建てのように階段がありませんからワンフロアーで快適に住まれているようです。

ケース3 そのまま住み続ける

ほとんどの方が、メンテナンスをしながら、もしくはメンテナンス費用がかけられる我慢しながら住み続けられているのではないでしょうか。

状況

  • 子供は独立し夫婦のみ
  • 広さを持て余していて使っていない部屋がある
  • メンテナンス費用がかけられず、老朽化が進む
  • 庭の手入れが大変

住宅ローンも終わり、固定資産税はかかりますが老後の住居費の負担がそれほどない分、年金だけで生活できます。

ただし、メンテナンス費用はほとんどかけられないようで、壁が変色していてもそのまま、水周りが老朽化していてもそのまま、現在の住宅のように高断熱・高気密ではないので、夏は暑く、冬は寒い、昔の住宅です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。3つのケースを見てみましたが、やはり年をとってくると

  • 2階建ての階段の上り下りがきつくなる
  • 年金暮らしだと大きな修繕費の出費が負担になっている
  • 家族構成の変化で広さを持て余している

この3つが大きな負担のようです。

住宅を既に購入している方は、修繕費を計画的に積み立てていくことが大切ですね。

まだ購入していない人は、どの年代で購入するのがいいのか検討した方がいいかもしれません。例えば、50代で現金一括で平屋を購入して、バリアフリーなどのリフォーム費用を節約するということも選択肢にいれてもいいのではないでしょうか。

それにしても、住宅というのは、買う前から購入して数十年経ってもいろいろと検討しないといけないことが多いですね。

シェアする

フォローする

戸建てを購入してから30~40年後のリアルな経験談
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!