個人型確定拠出年金に加入するかどうか迷って考察した結果をまとめ

インデックス投資家さんや家計管理ブログなどを見ると、確定拠出年金をやっている方が結構いらっしゃいます。

わたしもそうですが、やはりわたしたち30代が老後にもらえる年金額は今もらっている世代よりも確実に減るだろうというのは安易に想像がつきます。

30代で老後の準備をはじめているという人も結構いて、我が家はまだ教育費を準備している段階なので、まだまだ老後資金の準備まで手が回らないというのが実情ですが、早いうちから時間をかけることで負担が少なくできたらとも考えます。

確定拠出年金の制度は、企業型・個人型とありますが、全体としてはまだまだ普及率が低いというのが実情です。

しかし、老後資金を貯める1つの方法としていいのではないかと興味を持ち、いろいろと比較検討してみました。

主人が加入する方がいいのか、主婦が加入する方がいいのか、はたまた両方か

我が家の場合は、主人の会社では企業型確定拠出年金も企業年金もありません。

ですので、加入するのであれば個人型確定拠出年金となります。

企業型確定拠出年金の場合は、税控除以外に月々の社会保険料が安くなりますから企業型の方がお得に見えますが、個人型しか選べませんからしかたがありません。

そこで、個人型確定拠出年金についてメリット・デメリットをまとめました。

結論からいうと、サラリーマンが個人型確定拠出年金に加入した場合の最大のメリットは、所得税・住民税の税額控除です。

例えば、所得税率5%の人が年間に276,000円を拠出した場合、所得税13,800円・住民税27,600円、合計41,400円税額が下がります。

例えば、所得税率10%の人が年間に276,000円を拠出した場合、所得税27,600円・住民税27,600円、合計55,200円税額が下がります。

結構大きな金額ですよね。

専業主婦の個人型確定拠出年金に加入が拡充される法案が提出されていますが、法案が可決されれば再来年2017年1月から対象者が広がる予定となっています。

専業主婦の場合、個人型確定拠出年金に加入しても税控除に関しては所得がないわけですから、所得税・住民税の控除はありません。

つまり、サラリーマンのご主人と専業主婦のどちらか個人型確定拠出年金に加入するのであればサラリーマンのご主人に個人型確定拠出年金に入ってもらった方が、税控除があってお得だということです。

老後資金の準備は個人型確定拠出年金がいいのか、それとも個人年金保険がいいのか

個人型確定拠出年金の他に、老後資金のために個人年金保険に加入されている方もいらっしゃいます。

そこで、今度は、個人型確定拠出年金と個人年金保険ではどれくらい金額の差が出るのか調べてみました。

個人年金保険と個人型確定拠出年金(リスク資産には投資を行わず、定期預金に積み立てた場合)をシミュレーションしてみた結果、リスク資産に振り分けずとも、個人型確定拠出年金の方が税控除が大きいために個人年金保険よりもお得だとわかります。

しかし、個人型確定拠出年金は、積立時には税控除がある制度ですが、出口では税金がかかる制度になっています。一時払いで受け取る方法と、年金として受け取る方法がありますが、一時払いで受け取る場合は退職金と合算して税金がかかりますし、年金として受け取る場合には税金に加え社会保険料も上がります。

トータルで得するかどうかは、ケースバイケースといったところでしょうか。

流動性を考える

個人型確定拠出年金に加入すると、積み立てた資金が引き出せるのは60歳以降となります。

例えば、途中で住宅を購入する頭金に充てたいからといって引き出すことはできません。病気になったからといって引き出すこともできません。

また、転職し企業年金がある企業に入った場合は、掛け金の積立もできずに指図者となります。

このように、確定拠出年金で拠出したお金は流動性が全くありません。

まとめ

個人型確定拠出年金は、税の繰り延べという性質を持っています。税の繰り延べは資産運用する上で運用できる資金が増えるということですから資産運用として考えるとプラスの面が大きいです。

しかし、人生設計という面で考えると、早いうちから流動性の低いものに資金を振り分けていると、本当に必要になった場合に引き出せない、また、住宅ローンの繰上げ返済など他の資産運用にお金を回せないといったデメリットがあります。

これらを勘案すると、我が家ではまだ必要ないのかなという気がしています。まだ、住宅の購入もしていませんので。

ですので、個人型確定拠出年金をはじめるためには、資金が潤沢にあるか、もしくは50代になって、先がある程度見通せるようになってからでいいのではないかと考えています。

それにしても、個人型確定拠出年金については制度が複雑すぎてなかなか理解するのに時間がかかりました。

シェアする

フォローする

個人型確定拠出年金に加入するかどうか迷って考察した結果をまとめ
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!