白物家電は長く使う方がいいのかそれとも買い換えた方がお得なのか?

わが家の冷蔵庫がそろそろ10年目を迎えて、そろそろ買い替えの時期に来ています。

「今の家電は昔の家電と比べて省エネ技術が上がっているので、買い替えた方がお得!」なんてことをよく聞きますが、買い換えをするとなると初期費用もかかりますし、電気代がいくら安くなるかによってそのまま今ある冷蔵庫を使い続けた方がお得な場合もあるのではないかと思って調べてみました。

家電の中で一番電気を使っているのは実は冷蔵庫

消費電力が大きな家電としてイメージするのは、電子レンジや掃除機などワット数が大きな家電だと思います。

ですが、実は家庭の中で一番電力を消費しているのは実は冷蔵庫。

家電別消費電力

2009年度の家庭部門機器別電気使用量(経済産業省エネルギー庁の調べ)の内訳を見てみると、世帯あたりの電気使用量のうち冷蔵庫が占める割合は14.2%と、照明機器やエアコンを抜き、家電の中で一番大きなウェイトを占めています。

冷蔵庫は電子レンジやエアコンよりもワット数は少ないですが、24時間365日稼動と、稼働時間が他の家電よりも長いからですね。

古い家電と新しい家電の電気使用量を簡単に比較できるサイト

そうはいっても、冷蔵庫の買い替えとなると結構費用がかかります。今ある冷蔵庫をそのまま継続利用するのと、買い替えた場合の電気代の違いを簡単に知ることができれば、買い替えの参考になります。

そこでご紹介したいのが、『省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」』というサイトです。

「しんきゅうさん」では、照明・エアコン・冷蔵庫・テレビ・温水洗浄便座の5種類の製品に関して、買換えるととどれくらいお得になるのかシミュレーションができます。

今使っている製品と、買換えたい製品の比較が簡単にできるのでとっても便利ですね。

ということで、今回は冷蔵庫に関して10年前の製品と今現在の製品の電気代を比較してみましょう。

冷蔵庫の容量の目安の計算としては

冷蔵庫の容量=(70L×n)+100L+70L(※ 70L=1人分の容量、 n=ご家族人数、 100L=常備品容量、70L=予備スペース)

参考:http://kakaku.com/kaden/freezer/article/c_2120_001.html

上のような計算式が参考になります。

4人家族だと、(70L×4人)+100L+70L=450Lぐらいが1つの目安です。上備品や予備スペースを多めにしたい方はもう少し大きなものを、逆に少なくても大丈夫だという人は少し小さいサイズになります。

450L冷蔵庫の電気代を10年前と今と比較

では、450Lの容量の冷蔵庫で10年前と今の電気代を比較してみましょう。

比較対象

  • 旧:2006年製 401L~450L
  • 新:日立 R-F440F-SH

denkidai

すると結果は

年間消費電力料 約304~374kWhの省エネ
年間電気代 約8,210~10,100円お得

となりました。年間1万円前後電気代の節約になりますので10年間で10万円。かなりの額になりますね。

150L冷蔵庫の電気代を10年前と今と比較

では次に一人暮らし用の小さなサイズの冷蔵庫を10年前と今とで比較してみましょう。

比較対象

  • 旧:2006年製 101L~150L
  • 新:ハイセンス HR-D15A

denkiryou2

すると結果は

年間消費電力料 約20~180kWhの省エネ
年間電気代 約540~4,860円お得

となりました。4人家族用の大型冷蔵庫と比較するとそれほど買換えで電気代がお得になるというわけではないようです。

ちなみに、450Lで比較した日立R-F440F-SHの消費電力は304W、150Lで比較したハイセンスHR-D15Aが300Wと、大型の冷蔵庫と小型の冷蔵庫ではそれほど消費電力が変わりません。

というのは、大型の冷蔵庫は省エネのインバータを使用しているので本体価格は高いですが消費電力は小型冷蔵庫と変わらないほどになっています。

小さめサイズの冷蔵庫には安価なものが使われているのでそれほど省エネではないんですね。

買い替えを検討の方は初期費用などトータルで勘案しましょう

電気代が安くなるというのは、ランニングコストの部分です。家電の買い替えの場合は買い替え費用がかかりますので、当たり前のことですが初期費用がかかります。

費用を考えるときは、初期費用+ランニングコストでトータルコストがどれくらいになるのか、総合的に判断するのがいいですね。

また、家電は長く使おうと思っても10年を超えると突然壊れてしまうなんてこともよくあります。

冷蔵庫が壊れると新しい冷蔵庫が来るまで食材の保存が困りますからそういう面も考えないといけないですね。

まとめ

  • 冷蔵庫の電気代を簡単に比較したいなら「しんきゅう」がおすすめ
  • 小型冷蔵庫よりも大型冷蔵庫の方が省エネな場合がある
  • コストはトータルコストで勘案すべし

参考

アズマカナコさんが書いた書籍では、なんと電気代は月に500円。昭和30年代の暮らしが好きということで、冷蔵庫はなく保存食を作っていたり、エアコン・掃除機・アイロンなどもありません。

読み物としておもしろいのでどうぞ。

シェアする

フォローする

白物家電は長く使う方がいいのかそれとも買い換えた方がお得なのか?
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!