銀行通帳に鉛筆やペンで書き込みして家計管理する時の注意点

我が家では、給料が入る銀行口座から引き出しするのは基本的に月1回と決めています。

現金払い用の生活費と貯蓄用の口座へ移す一定額を月1回引き出すだけ。

tuutyou

急な出費で銀行から引き出したときは直接通帳に書き込みして管理

けれども、たまに急な出費でお金を引き出したとき、どういう目的で引き出したのかあとから通帳を見てもわからなくなってしまうことがあります。

簡単に家計管理をしたいので、毎月1回の引き出し以外で引き出した場合は、空いているスペースに使った理由を鉛筆で書き込みして、備忘録としています。

簡単なことですが、こうすることで通帳を見ればどのような使用目的でお金を使ったか、簡単に把握することができます。

なぜ、こういう方法を使うようになったかというと、以前経理の仕事をしていたときに通帳に直接使った理由を書いて管理していたんです。

これだと、あとから帳簿付けをするときに通帳を見ただけで仕訳ができます。

家計にもこの方法が使えるのではないかと思って、習慣としてやっているのですが、急な慶弔費や交際費がでたときに書き込んでおくことで、家計簿に書くのを忘れてもあとから集計することができます。

銀行通帳への書き込みをするときの注意点

ただし、銀行通帳へ直接書き込みをする時には注意しなければいけないことがあります。

それは、未記帳部分に書き込みをしてしまうとATMでエラーがでて記帳ができなくなってしまうことです。

書き込みはペンでも鉛筆でも構わないのですが、ATMでエラーがでてしまうのが心配なので、鉛筆でいつでも消せるようにしています。

まとめ

  • 銀行通帳への書き込みはすでに記帳してある行に
  • ペンでも鉛筆でもOKだけど、いつでも消せる鉛筆が無難
  • 銀行通帳へ支出目的を書き込むと、何にお金を使ったのかわかりやすい

シェアする

フォローする

銀行通帳に鉛筆やペンで書き込みして家計管理する時の注意点
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!