メインバンクとサブバンクの使い分け

銀行口座の使い分け、皆さんはやってらっしゃいますか?

わたしの場合は、貯蓄が少なかったのでそれほど意識していませんでしたが、最近ようやく使い分けができるようになってきました。

銀行口座を使い分けることで、お金の流れが整理され、無駄な振込み手数料やATM手数料を節約でき、貯まったお金の総量が簡単に把握できます。

金融資産が多くなればなるほど、使い分ける技量も必要になってくるとは思いますが、まだそれほど貯まっていないのでわたしの場合はメイン口座とサブ口座の2つを使って使い分けをしています。

今回は、実際にやっているメイン口座とサブ口座の使い分けについてまとめてみました。

メイン口座に住信SBIネット銀行を使っている理由

わたしのメイン口座は住信SBIネット銀行を利用しています。

目的別口座が便利

住信SBIネット銀行の1番の特徴は、「目的別口座」を作成できることです。

住信SBIネット銀行 目的別口座

住信SBIネット銀行の目的別口座とは、代表口座のほかに5つまで口座を作ることができ、貯金の目標期間や目標金額を設定して、代表口座とは別に管理することができます。

例えば、

  • 代表口座は引き落とし専用
  • 車購入資金
  • 年払い保険料
  • 家具・家電貯金

などと口座名をつけて管理することで、目標達成までにどれくらい期間が必要なのかどうかや、不足額などが一目瞭然にわかってとても便利です。

また、口座ごとに普通預金・定期預金、円だけではなく外貨普通預金・外貨定期預金にも預け入れができます。(ただし、外貨預金は預金保険機構の対象ではないので、外貨を持つなら外貨MMFとかの方がいいかもしれないですね。)

また、住信SBIネット銀行の他にもソニー銀行でも目的別口座の作成ができます。

わたしの目的別口座は現在は

  • 代表口座
  • 車購入資金
  • 保険支払い他

と3つの口座に分けて管理しています。少額の貯金を管理するには目的別口座は本当に便利で、簡単にパソコンから振り替えすることもできますし、代表口座へ戻すのも簡単にできます。

kurumakounyuu

ATM手数料や振込み手数料が安い

以前は一律にATM手数料月5回無料、振り込み手数料月3回無料だったのですが、改悪されてランクに応じてATM手数料・振込み手数料が違います。

ランク
ランク4
ランク3
ランク2
ランク1
ATMご利用手数料
無料回数
お預入れ
無制限
お引出し
月15回
月7回
月5回
月2回
当社から当社への振込手数料無料回数
無制限
当社から他行への振込手数料無料回数
月15回
月7回
月3回
月1回
ボーナスポイント
50p付与

わたしの場合はランク2なので、ATM手数料は月5回まで無料、振り込み手数料は月3回まで無料です。

ランク2になるのはそれほど難しくはありません。わたしの場合は、SBI証券に口座を持っているので、銀行と証券を繋ぐハイブリット預金に100円でも入れて、外貨を1ドルだけ保有するだけでランク2になれました。

振込みの回数が月1回でもいいのであればランク1でも構わないでしょう。

サブバンクはオリックス銀行

オリックス銀行の特徴は、ネット銀行の中でも金利が比較的高いところです。

その代わり、利便性があまりよくないのでメイン口座としては不向き。

ATMはなく、預け入れも引き出しも他の銀行に一度振り込まなければいけません。

可能な限りコストを抑えてその分金利を高くというのがオリックス銀行の方針です。

定期預金は、2週間定期が50万円以上、6ヶ月以上の定期預金に預けようとすると100万円という最低預け入れ金額が設定されています。

ですので、100万円という塊になったらオリックス銀行の定期預金にするようにしています。

オリックス銀行は、定期預金専用と考えて利用しています。

メインバンクの住信SBIネット銀行からオリックス銀行への振込みは手数料無料

オリックス銀行はATMがないので、預け入れ、引き出しはすべて他行へ振り込まないといけません。

ここで振り込み手数料がかかってしまっては、せっかく利息がついたのにもったいないですよね。

ということで、先ほどの住信SBIネット銀行の「他行宛振込み手数料無料」を利用しています。

オリックス銀行から住信SBIネット銀行に振り込むのも月2回まで無料なのでそれを利用しています。(3回目からは1回432円)

預け入れ、引き出しのときに振り込み手数料がかからないようにするというのはとても大切なことですね。

まとめ

  • 銀行口座はメインバンクとサブバンクの2つに分けるのが基本
  • メインバンクに目的別口座を作れる銀行にすると毎月積み立てていく貯金の管理がしやすい
  • 定期預金専用のサブバンクで少しでも利息をUP
  • メインバンクとサブバンクのやりとりは振込手数料無料を利用しよう

いかがでしたでしょうか。皆さんもいろんな口座をお持ちだと思います。各ご家庭にあった組み合わせにすることで、お金の流れを整理して、銀行口座を使い分けましょう。

関連リンク

シェアする

フォローする

メインバンクとサブバンクの使い分け
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!