【悲報】オリックス銀行の定期預金金利更に下がる

昨日、ネット銀行の中でも比較的金利が高いオリックス銀行をサブバンクにしているという記事を書きましたが、定期預金金利変更のお知らせが届き、更に金利が下がったようです。

オリックス銀行では、毎月1日と15日に金利の見直しがされていて、口座を持っているとメールで金利が変更されたときに案内が届きます。

定期預金金利がどれくらいになったのか見てみましょう。

「オリックス銀行」eダイレクト預金金利 2016年6月15日現在

<eダイレクト2週間定期預金金利(50万円以上)>
2週間   0.04%(変わらず)

<eダイレクト定期預金金利>
■スーパー定期(100万円以上300万円未満)
6カ月  0.10% (6月1日付け金利対比-0.05%)
1年   0.15% (6月1日付け金利対比-0.05%)
2年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)
3年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)
5年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)

■スーパー定期300(300万円以上1,000万円未満)
6カ月  0.10% (6月1日付け金利対比-0.05%)
1年   0.15% (6月1日付け金利対比-0.05%)
2年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)
3年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)
5年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)

■大口定期(1,000万円以上)
6カ月  0.10% (6月1日付け金利対比-0.05%)
1年   0.15% (6月1日付け金利対比-0.05%)
2年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)
3年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)
5年   0.17% (6月1日付け金利対比-0.03%)

上記の金利は税引き前なので、ここから更に、利息には20.315%の源泉税がかかります。

2年もの~5年もの、100万円から大口定期まですべて0.17%の金利でかなりフラットな感じになっていますね。

これなら、長期で預けたり、大きな金額で預けるメリットがまったくありません。

雑感

日銀のマイナス金利の影響で定期預金金利はどんどん下がっています。どれくらい下がるかはわかりませんが、ニュースを見る限り、銀行は経費を転嫁できない場合は手数料収入を増やそうとするのではないかといわれています。

定期預金の代わりに、個人向け国債変動10年にするという方法もあるようですが、現在の個人向け国債変動10年の金利は0.05%と最低保証金利に張り付いています。

これであれば、もう、定期預金や個人向け国債変動10年などで現金を固定させるよりも、普通預金で流動性を保っているほうがよさそうな気がします。

シェアする

フォローする

【悲報】オリックス銀行の定期預金金利更に下がる
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!