目的別貯金を変更

お金の管理が苦手なので目的別に貯金を分けて管理しています。

しかし、上の子が高校卒業後進学せずに就職することになりそうなので目的別貯金を変更しました。

今までは

項目 目標 現在 備考
いざという時のため 132万円 132万円 達成
普通預金or2週間満期預金
車購入資金 180万円 18万円 10年後を目標
定期預金
教育資金(上の子) 300万円 300万円 達成
学資保険+定期預金
教育資金(下の子) 300万円 250万円 ←今ここ
学資保険+定期預金
老後資金 3,000万円 0円

でした。

変更後

項目 目標 現在 備考
いざという時のため 132万円 132万円 達成
普通預金or2週間満期預金
車購入資金 180万円 18万円 毎年18万円ずつ積立
10年後を目標
就職支度金(上の子) 50万円 50万円 達成
定期預金
教育資金(下の子) 400万円 400万円 達成
学資保険+定期預金
老後資金 3,000万円 100万円 毎年126万円ずつ積立
←今ここ

生活防衛資金について

生活防衛資金は生活費の6か月分。

車購入資金について

車購入資金は、前回100万円とあまく見積もっていたのですが主人の意向を尊重して10年間で180万円を目標に貯めています。

教育資金について

上の子が大学進学せずに高校卒業後就職になりそうなので、予算を変更しました。

県外就職を予定しているので、支度金として50万円ほど計上。

下の子はまだ大学進学するかどうか未定なので予算を100万円ほどUPして400万円に変更しました。

老後資金について

老後資金にいくら必要かどうかは、公的年金がいくらでるのかやインフレなどの影響があるので、正確な数字というのは難しいです。

定年までの20年以上の年月を予算で割ってみたところ、年間に積み立てなければいけない金額は126万円。

大きな金額ですが時間を見方につければ用意できそうです。

シェアする

フォローする

目的別貯金を変更
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!