SBI証券外国株式の手数料引き下げ米国株式の貸株サービス開始

SBI証券で、外国株式に関する2つのプレスリリースがありました。

  • 外国株式の手数料引き下げ
  • 「米国貸株サービス」提供開始

SBI証券外国株式手数料引き下げ

SBI証券 は、2016年8月8日(月)[予定]より、外国株式取引口座100万口座達成を記念して、米国株式の取引手数料を大幅に引き下げることを発表しました。

手数料引き下げは、2016年7月11日(月)現地約定分よりキャンペーンとして先行開始し、2016年8月8日(月)より恒久的な措置として新手数料を適用されるということで、実質2016年7月11日(月)から手数料が安くなります。

手数料変更前と後を比較

現行手数料(税抜) 変更後手数料(税抜)
1,000株まで、25米ドル
1,000株を超えた分は、1株毎に2セント追加
約定代金の0.45%
手数料下限5ドル/上限20ドル

今までは、1000株までの約定で25米ドルの手数料がかかっていました。

例えば、為替レートが1ドル100円のときの手数料を考えてみると

買付金額 手数料 手数料率
10万円 2,500円 2.5%
100万円 2,500円 0.25%

このように、買付け金額が小さいと手数料率が高くなるため、米株を購入しようとする場合はある程度まとまった金額での投資が必要でした。

今回、手数料の引き下げがあり1,000株未満であれば約定代金の0.45%(手数料下限5ドル/上限20ドル)の手数料になりましたから

為替レートが1ドル100円のとき

買付金額 手数料 手数料率
10万円 500円 0.5%
100万円 2,000円 0.2%

となり、少額での米株の購入でも手数料を気にすることなく買い付けすることができます。

取引手数料比較(100株取引の場合)

tesuuryou

他社との比較

SBI証券 マネックス証券 楽天証券
手数料
(税抜)
約定代金の0.45%
下限5ドル
上限20ドル
約定代金の0.45%
下限5ドル
上限20ドル
1,000株まで25米ドル
1,000株を超えた分は1株毎に
2セント追加

今まで、マネックス証券が群を抜いて外国株式の手数料が安かったのですが、SBI証券もそれに並んだ形になります。

SBI証券でNISA口座を開設しているわたしとしては、手数料を下げてくれるのは朗報です。

別途、外国株式に関してはマネックス証券の口座を開設しようかと検討していたのですがこれでその必要もなくなりました。

また、手数料に関して一律25米ドルだったときはある程度まとまった投資金額が必要だと考えていましたが、約定代金の0.45%へ引き下げとなったので少額から投資が可能となるのもうれしいです。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)など、海外ETFで積立投資を検討されている方にもこのニュースは朗報なのではないでしょうか。

SBI証券「米国貸株サービス」提供開始

SBI証券では、米国の貸株サービスも提供開始となっています。

貸株サービスは、保有する株式を証券会社に貸し出すことで、保有する株式を売却することなく、貸し出した株式に応じた貸株金利を受け取ることができるサービスです。

2016年8月下旬を目途として、「米国貸株サービス」を開始予定となっています。

貸株の特徴は

  • 貸株中でも配当金が受け取れる
  • 貸株中でもいつでも売却可能

があります。貸株中でも配当が受け取れ、いつでも売却可能であれば株を貸し出して貸株金利を受け取るのはお得に見えます。

ただし、米国貸株サービスの詳細に関してまた別途WEBサイトに掲載されるとのことなので、ウォッチしておこうと思います。



シェアする

フォローする

SBI証券外国株式の手数料引き下げ米国株式の貸株サービス開始
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!